2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018皐月賞過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年4月15日の中山メインレースは、牡馬クラシック1冠目・皐月賞です!

 今年の牡馬クラシック路線の先頭を走り続けていた、無敗の2歳王者ダノンプレミアムが挫跖のため直前で回避が決定。これによって1強ムードが一変、大本命不在の激戦模様になりました。

 中心になるのはダノンプレミアム以外には負けていない2頭、ディープインパクト産駒のワグネリアンとロードカナロア産駒のステルヴィオ

 なかなか皐月賞を勝てなかったディープインパクトですが、ここにきて産駒が2連勝中。ワグネリアンで3連覇を狙います。一方、次世代種牡馬戦線の主役候補となる存在のロードカナロアは、さっそくアーモンドアイで桜花賞を制覇。ステルヴィオで牡牝クラシックをいきなり両獲りとなれば、サンデーサイレンスの血を持っていないこともあり、種付依頼が殺到することでしょう。

 この2頭に対抗しうるのは、未対戦組のキタノコマンド―ルオウケンムーンでしょうか。キタノコマンド―ルは底をみせずに2連勝。フェアリードールの血が中山で騒ぐかも。オウケンムーンの父オウケンブルースリは昨年の種付数がわずか1頭。ワグネリアン・ステルヴィオ・キタノコマンド―ルとは対照的な血統背景ですが、父の血を広める使命を一番背負っています。中山2000も経験済みで非常に不気味な1頭です。

 それでは、代替開催の2011年を除く過去10年の上がり傾向、私の過去予想、皐月賞のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

最速地点 最高速度 失速度合
08 L3 高速 超失速
09 L2 低速 持続
10 L2 低速 持続
12 L1 低速 持続
13 L3 低速 持続
14 L3 低速 持続
15 L2 高速 持続
16 L2 低速 持続
17 L3 高速 持続

(10,12は稍重)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速、12.0~は超低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続、1.0~は超失速)

 皐月賞に向けての馬場造りが強く意識されている、春の中山開催。近5年のうち、14年の1:59.6を除けばすべて1分58秒前後の決着タイムとなっています。特に近2年は1分57秒台の決着となっており、より全体スピードを強く求められる傾向になっています。

 そして、これだけの高速馬場に関わらず最高速度は低速が優勢。直近で高速となっている15,17年も11.4が一番速いラップタイムです。トップスピードの高さは優先度が低くなっています。

 さらに重要なのが失速度合。持続系が圧倒的に優勢で、超持続が過去10年で5回もあるのは他ではなかなか見ることができません。最速地点からゴールまでほとんどスピードが落ちないレースなので、末脚の持続力が強く問われます。

 上がり4ハロンだけでみると、L4地点が12秒前後で、残りの3ハロンがすべて11.5前後になるのがよくある流れです。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 サトノダイヤモンド 1番人気3着
17 クリンチャー 13番人気4着

 16年はサトノダイヤモンド・リオンディーズ・ディーマジェスティの3頭立て!と気合を入れて買っていました。マカヒキはスロー一辺倒のタイプということで消したのですが・・・。

 17年はクリンチャーの単複厚めで熱い結果に。どうもここ2年惜しいようで惜しくない結果が続いていますね・・・。

皐月賞のポイント

 クラシックのステップレースはスローペースの上がり勝負が多いですが、皐月賞はミドルペースで上がりのスピードが問われない持続戦。はっきりとした能力上位の軸馬がいれば別ですが、混戦模様となると思わぬ伏兵がやってくるのは昨年の結果が示す通りです。

 今年も徹底先行タイプのアイトーンケイティクレバーに、2番手以内からの競馬が続くエポカドーロサンリヴァルジェネラーレウーノジュンヴァルロと先行馬が多数エントリーしています。

 中山の馬場状態もだいぶよくなっているので、前半から速いペースが刻まれる可能性が非常に高いです。ただし、土日に雨予報が出ているので、天気と馬場状態は要観察が必要です。

 近3年の馬券圏内に入った9頭のうち、前走が弥生賞だった16年2着マカヒキ、17年3着ダンビュライト以外は距離延長組だったのもポイントです。より全体的なスピードが重視されるようになった近年の皐月賞では、2000mよりも短い距離での経験が活きていると考えられます。

 特注馬にしてはいつもより人気馬になりますが、高速馬場の経験、前走1800m以下出走の条件を満たす馬を挙げておきます。現状では一番皐月賞馬に近い存在ではないでしょうか。

 特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ(30位前後にいます)

 明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする