2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/10/06東京11Rサウジアラビアロイヤルカップ予想【自信度A】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

サウジアラビアロイヤルカップの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速(11.1) 持続(0.5)
17 L3 低速(11.5) 超持続(0.2)

(16,17ともに稍重馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続)

想定上がり:L3高速持続

 金曜は雨が降った東京ですが、土曜は天気が回復。秋の東京開幕週は、開幕週らしく時計が出やすい馬場なので、おそらくサウジアラビアロイヤルカップも高速決着となるでしょう。

 過去レース分析でも書いた通り、道中で緩みやすいレースですが、今年は逃げ馬がいない少頭数。どうみてもペースは上がらなさそうで、直線でのトップスピード勝負濃厚です。

 直線は3ハロン全て11秒台前半となる可能性もあるので、トップスピードの高さと持続力を両立した馬を狙うのがいいでしょう。

スポンサーリンク




予想【自信度A】

◎04グランアレグリア
[最強]競馬ブログランキングへ
△01シャドウエンペラー
△06サムシングジャスト
×03ドラウプニル

3連単4→◯→1,3,6
3連単4→1,6→◯

スポンサーリンク

 

 

◎04グランアレグリア

 新馬戦の内容はG1級でしたので、同条件で高速馬場となれば◎にする以外の選択肢はありませんでした。

 新馬戦は、47.9-45.7=1:33.6と全体時計も速く、12.1-11.3-11.1-11.2と直線3ハロンがすべて11秒台前半。まさに圧巻の時計で、2歳の6月でこのラップは驚異的です。

 ハイペースになったときにも実力を発揮できるかはわかりませんが、今回の条件ならばアタマで来る可能性は極めて高いでしょう。

[最強]競馬ブログランキングへ

 ということで、相手探しが重要な一戦。瞬発力よりもスピード持続力を重視して、相手を選びました。

 デビュー戦は、49.8-46.5の超スローで、12.6-11.2-11.1-11.6と直線をいっぱいに使ったトップスピード持続戦となりました。

 直線では、どこかで鋭く伸びたという感じではありませんでしたが、最後まで長く脚を使ってゴール前で抜け出しました。自信は10秒台~11秒台はじめの脚を3ハロン使い続けました。

 平坦コース・超スローだったので、グランアレグリアと比べるとかなり劣ります。しかし、今回の残りのメンバーよりも持続力は示していますし、少頭数が向いていそうなレースぶりだったので、2,3着候補の筆頭として指名します。

残りの馬

 シャドウエンペラーは、阪神の重馬場でL3高速失速戦。長く脚は使った感じですが、消耗戦向きの可能性はあります。

 サムシングジャストは、新潟の新馬戦らしい超スローでL2が10秒台に突入するトップスピード勝負でした。人気を集めたレイデオロ・レイエンダの弟ソルドラードには勝ちましたが、ポジション差があったのも事実。早めにグランアレグリアに抜かされた後が心配です。

 ドラウプニルは、前走の負けが不満。48.1-46.8とソコソコのスローで、12.3-12.1-11.3-11.1とL1最速で完全な仕掛け遅れ。勝ったグレイシアより先に動けたものの捕まってしまいました。1勝馬同士のレースでしたが、レースレベルは微妙。一応速い脚は使えているので3着には拾いますが、あまり脚が長そうでもないので消しに近い評価。

最強競馬ブログランキングに参加しています!