2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018関屋記念過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年8月12日の新潟競馬場メインレースは、長い直線を存分に使った超高速マイル重賞・G3関屋記念です!

 右回り時代ですが、1999年にリワードニンファが日本で初めてとなる1分31秒台で勝った、由緒正しき高速決着マイルレースです。

 コース改修後、一番時計がかかった2010年(勝ち馬レッツゴーキリシマ)で1:32.9。天気に恵まれてパンパンの良馬場で行われやすいレースで、32秒台は当然、31秒台の決着でも驚かない高速馬場でのレースとなります。また、新潟マイルは直線を走る割合が高いので、そういった意味でもスピードが出やすいです。

 登録メンバーには、ウインガニオンとショウナンアンセムの逃げ馬2頭の名前が。どちらもハイペースに引き上げて逃げるタイプではないですが、序盤からスローということはなさそう。今年も酷暑の中、高速決着の熱い戦いが期待できそうですね。

 以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、関屋記念のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
08 L2 超高速(10.0) 超失速(1.9)
09 L2 超高速(10.7) 超失速(1.0)
10 L2 超高速(10.3) 超失速(2.0)
11 L2 超高速(10.9) 超失速(1.2)
12 L2 超高速(10.4) 失速(0.9)
13 L2 超高速(10.8) 超失速(1.2)
14 L2 超高速(10.8) 超失速(1.3)
15 L2 超高速(10.7) 失速(0.7)
16 L2 超高速(10.8) 超失速(1.2)
17 L2 高速(11.0) 超失速(1.2)

(09,14は稍重)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

 新潟外回りなので、L2超高速超失速戦がデフォルトの流れになります。600mの長さを誇る直線があるので、トップスピードに乗せたいL2の前に十分の助走区間があります。そのため、新潟外回りでL2以外になる流れはほとんどありません。

 レースの流れが偏る特殊なコースですが、L2地点でのトップスピードに意識を取られてはいけません。例えば、10年の勝ち馬レッツゴーキリシマは、それまで一度も34秒台前半の上がりタイムを計測していませんでしたが、10.6-10.3-12.3と10秒台の上がりを2ハロン並べての逃げ切り勝ち。この年は48.2-44.7と極端なスローペースでしたが、トップスピードがあるとはお世辞にも言えないタイプのレッツゴーキリシマでも、時速70㎞のスピードで走れています。

 このように、新潟では他の競馬場でのトップスピードはほとんど意味を成しません。オープンクラスの馬であれば、アクシデントがない限りL2の最高速区間でスピードを出すことは可能です。

 そのため、ポイントとなるのはL2地点ではなくL1地点。直前のL2区間でものすごいスピードを出力するので、ラスト200はガス欠の状態で粘り込むことになります。

 L1でいかに粘れるかが、新潟外回りで一番重要な資質になります。

 もうひとつ、最近のトレンドを紹介しておきます。新潟マイルは600m直線→400mコーナー→600m直線というコースですが、近年は中間のコーナーでスピードが緩まなくなってきています。

 以前(だいたい2012年より前)は、向正面で隊列が決まった後は、直線でのスピード勝負に備えてコーナーで12秒前後までスピードが落ちるというのが定説でした。

 しかし、近年はコーナーで極端にスピードが緩まなくなっています。ここで緩めすぎると、後続の追走が楽になってしまうので、先行馬はコーナーでもスピードを落とさない方がいい、というのが徐々に浸透してきたのでしょう。

 昨年も12.4-11.1-11.7-11.4-11.3-11.1-11.0-12.2と、コーナーでむしろスピードを上げたマルターズアポジーが逃げ切っています。新潟のコーナーはかなりきついカーブなので、ここでスピードが上がると、外の馬にとっては追走がきつくなります。

 新潟マイルは外枠有利が定跡ですが(コーナーまでの距離が1800,2000よりきつく、小回りで窮屈な競馬を強いられるため)、コーナーでペースが上がるようならば、内枠の先行馬が走りやすい流れになります。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 カレンケカリーナ 15番人気14着
17 ウキヨノカゼ 11番人気10着

 一筋縄ではいかない関屋記念ですが、馬券になった馬の名前を見ると、一定以上の実力馬がほとんど。それが、近走の不振などで人気を落としているというパターンが多いです。

 ゴリゴリの穴馬を狙っていますが、紛れ自体は少ないコースなので、狙うならば人気を落としている実績馬の方がいいでしょう。

関屋記念のポイント

 ウインガニオンとショウナンアンセム、前走逃げずに競馬ができたエイシンティンクルの3頭がハナ候補。

 ウインガニオンは前走無理やり逃げた感じですが、あのレースを観る限りでは今回もハナは狙ってきそう。ゲートはさほど速くないので、ショウナンアンセム・エイシンティンクルとの枠順の関係も重要になってきそうです。

 特注馬は、L1で最速地点から1秒以上ラップが落ち込む超失速戦に強い馬を指名します。不良馬場以外では、超失速戦ならばオール馬券絡みしている馬で、ラストで苦しくなった中を突っ込んでくるようなレースに期待したいです。

 ただし、単純な実績だけだと最低レベルなので、適性は向いていても純粋に能力不足の可能性があります。この辺は、どこまで通用するか前日まで冷静に見極めたいところです。

 特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする