2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018東京新聞杯過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

今週の東京重賞は、冬のマイル戦第2弾・東京新聞杯

昨年は少頭数で歴史的なスローペースとなりましたが、今年はフルゲートに近いレースになりそうです。

登録馬もなかなか豪華で、アドマイヤリード・ダノンプラチナ・サトノアレスのG1馬3頭に、ダイワキャグニーグニー・リスグラシューの明け4歳の牡牝、グレーターロンドン・クルーガーの年齢の割にキャリアの少ない好素質馬と、過去10年の中でも屈指の好メンバーでのレースになりそうです。

牝馬勢はヴィクトリアマイル、そして牡牝ともに春の大目標となる安田記念に向けて、同コースのここで好発進となるのはどの馬でしょうか!?

以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、東京新聞杯のポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
08 L4 高速 失速
09 L4 超低速 失速
10 L3 高速 失速
11 L3 高速 持続
12 L3 高速 失速
13 L2 高速 持続
14 L3 高速 超失速
15 L2 高速 失速
16 L2 高速 持続
17 L2 高速 超持続

(09は不良、14は重、15は稍重)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速、12.0~は超低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

ここ2年は前半1000m通過が60.6、62.2(!)と超~超超超スローペースで逃げ馬が勝っています。このペースは馬場が悪かった09,14,15よりも遅いもので、そりゃあ前が残りますよ、というレースになっています。

府中は今開催は芝G1がないため、後半まで芝状態を保つ必要がないカレンダーとなっています。そのため例年、春や秋と違い開幕週が一番速く、徐々に時計がかかっていくという普通の馬場造りになります。

ペースが遅いここ2年と馬場が悪かった年を除けば、すべて1分32秒台の勝ち時計となっているように、普通に流れれば全体時計も必要となるマイル戦となります。

仕掛けどころのポイントは府中らしくL3最速戦が優勢。L2最速戦も4回ありますが、13,16,17はスローの仕掛け遅れが原因ですので、普通に流れれば府中らしい長い直線の入口からスピードが一気に上がるレースになります。

L2最速戦≒スローなので、ラストまでスピードが落ちない持続戦になりますが、L3最速戦は早めにスピードがマックスまであがるので、L1地点ではスピードが少し落ち込みます。残り600~200までは11秒前後の時計が出て、最後の1ハロンは11秒台後半で粘りあいという形。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 マーティンボロ 12番人気7着
17 マイネルアウラート 4番人気4着

16は普通の府中マイルの流れを想定して大穴狙いでしたが、スローペースで直線に入る前には諦めてしまいました。

17はさすがにこれはスローだろと先行馬を買いましたが、ここまで遅くなるとは・・・。マイネルアウラートでは少しトップスピードが足りませんでした。

東京新聞杯のポイント

ここ2年ペースがかなり落ち込んでおり、二度あることは三度あるのかを考える必要はありますね。

今年はスプリンター逃げ馬トウショウピストが、ハナを取るためにここに出てくるようなのでここまでペースは落ちないでしょうが、2番手になるであろうマイネルアウラートは前走の京都金杯で逃げ馬と共倒れになってしまうような先行策を取ってしまったので、今回は突っかけずにレースするかもしれません。

また、トウショウピストは17中京記念でも逃げていますが、この時は前半1000m通過が58.4。しかし、2番手ウインガニオン以降を引き離しての逃げだったので、この馬が逃げても他の馬がついていかないかもしれません。

以上から、トウショウピストが逃げても後続はスローペースでの追走となるりそうで、見た目はL3最速になるかもしれませんが、実質は超スローでL2最速の高速持続戦になる可能性が極めて高いです。

L2高速持続戦で東京マイルとなると、特注馬はこの馬。

特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

明日以降、注目馬を中心に出走予定馬の戦績を振り返っていきます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする