2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018ユニコーンステークス過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年6月17日の東京競馬場メインレースは、3歳世代のダート重賞・G3ユニコーンステークスです!

 JRAでは最初の世代限定ダート重賞であり、1か月後に控えるジャパンダートダービーの大事なステップレースでもあります。ただ、ここで勝つとJDDでの上位人気は確実ですが、ユニコーンステークス→JDDと連勝した馬は過去10年で15年ノンコノユメしかおらず、人気を裏切るパターンの方が多いです。

 目先のレースにはつながらないとはいえ、勝ち馬はその後のダート路線で活躍している馬が多く、賞金を持った古馬が長く居座ることの多いダート界で戦っていくためにも、早くからの賞金加算は今後につながるので非常に重要です。来年から4歳馬の収得賞金半減システムがなくなりますしね。

 今年の3歳ダート路線はレベルが高そうで、特に全日本2歳優駿の1,2着馬が強力。その中で、前走ドンフォルティスに敗れ初黒星を喫したルヴァンスレーヴが巻き返しを図ります。ライバルのドンフォルティスがいないここは、なんとしてでも勝っておきたいでしょう。

 以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、ユニコーンステークスのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
08 L2 高速(11.8) 失速(0.7)
09 L2 高速(11.9) 超持続(0.2)
10 L2 低速(12.0) 超失速(1.1)
11 L2 低速(12.1) 失速(0.7)
12 L2 低速(12.1) 持続(0.3)
13 L2 高速(11.7) 超持続(0.1)
14 L2 高速(11.9) 失速(0.6)
15 L4 低速(12.1) 失速(0.7)
16 L3 高速(11.8) 失速(0.6)
17 L1 高速(11.9) 超持続(0)

(09は不良、13は重、14,15は稍重)

(最高速度:11.5~11.9は高速、12.0~12.4は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

 近3年はずれていますが、ユニコーンステークスは基本L2最速戦です。イメージとしては、前半3ハロンが速く、コーナーで緩んで直線の入口から再加速。よって、L3からスピードが上がり始めて、エンジンがかかりきるL2が最速となります。

 ダート1600はJRAでは東京しかないので、ここに集まるメンバー(特に関西馬)は府中1600を狙って使い続けている馬以外は、1400で走ってきた馬が多くなります。

 京都・阪神・中京と1400はすべて芝スタートですので、府中マイルのスタートにも対応できます。そのために、前半のペースが上がりやすいです。34秒台前半になることも多く、序盤はかなり速くなります。

 序盤は速くなりますが前述の通り1400組が多いので、距離を持たせるためにコーナーではペースが緩みます。そして、直線では早めからスピードが上がり、最高速度も高いものが問われます。

 失速度合はバラバラですが、これは上位馬の脚質によるものが大きいです。先行馬が粘り切ると失速、差し・追込馬が差し切ると最後は勢いある差し馬のラップになるので持続といった具合です。

 どちらにしても、先行馬はL3~L2で12秒前後で走りつつ、L1でもスピードを落とし切らないように走らないとなりませんし、差し馬は3ハロン11秒台を続けなければいけません。

 高速のトップスピード持続力が強く問われるレースです。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 グレンツェント 3番人気3着
17 サンライズソア 3番人気3着

 2年連続で青竜ステークスの勝ち馬が本命です。もっというと、3年間のノンコノユメも本命でした。やはりダートマイル戦は特殊ですので、同条件で勝っている馬はある程度信頼できます。

 実際、過去10年のユニコーンステークス勝ち馬は、府中マイル勝ち馬か府中マイル初挑戦のどちらかしかいません。

ユニコーンステークスのポイント

 今年の登録馬のうち、府中マイルで勝ったことがある馬・初挑戦の馬は以下の通りです。

府中マイル勝ち馬

 イダペガサス(500万)・エピックアン(新馬)・グリム(青竜ステークス)・コスモロブロイ(500万)・ダンケシェーン(500万)・トキノパイレーツ(新馬・500万)・プロスパラスデイズ(新馬・500万)・ミックベンハー(500万)・ルッジェーロ(カトレア賞)・ルヴァンスレーヴ(プラタナス賞)

府中マイル初挑戦

 エングローザー・コマビショウ・ザイオン・シヴァージ・ジャスパーウィン・セイウンクールガイ・ソウルセイバー・タイセイアベニール・ハーベストムーン・ハヤブサマカオー・バイラ・ヒラボクラターシュ・ベストマイウェイ・ホウショウナウ・リョーノテソーロ・レピアーウィット

 リストにすると大変なことになりますね・・・(苦笑)。実はこのリストに入っていない、つまり府中ダートマイル経験はあるものの未勝利なのはグレートタイムただ1頭。これだけでは、簡単には絞れなさそうですね。

 特注馬は、府中マイルダート経験馬から選びました。府中ダートで負けたこともあるのですが、勝ったレースの内容は今年のメンバーの中でも随一だと思います。

 特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする