2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/01/12中山11Rフェアリーステークス予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

フェアリーステークスの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L4 低速(11.9) 持続(0.4)
18 L4 低速(11.6) 超持続(0.2)

(すべて良馬場)

(最高速度:11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続)

想定上がり:L2高速持続~失速

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯02アゴベイ
△03エフティイーリス
△09プリミエラムール
△11アクアミラビリス
△13グレイスアン

単勝◎
馬連◎-2,3,9,11,13
ワイド◎-2,9

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 買いたい馬が軒並み除外で戸惑いましたが、残った馬の中ではもともと評価が高かった馬を本命にします。

 新馬戦はここに出ていれば◎を打っていただろう馬が相手。48.6-34.5とスローで、12.2-11.5-11.6-11.4とL1最速ラップを速めに抜け出して惜しい競馬でした。勝ち馬とはトップスピード持続力の差が出た感じで、瞬間の反応はこちらの方が上でした。

 2戦目は48.5-34.9と新馬戦よりもラップタイムは平凡でしたが、勝ち方はなかなかお目にかかれないものでした。まさに前が壁といった感じで、残り200でようやく外に持ち出しました。しかし、そこからの加速力が素晴らしく、12.6-11.9-11.4-11.6と前が止まっていない中でぶち抜きました。

 おそらく瞬間的に10秒台の末脚を使っていたはずで、脚が長く使えるというよりは一瞬の切れ味で勝負するタイプです。

 今回はスローが想定されるので、短い直線の反応勝負となるでしょう。ならば、スタートに不安があっても狙ってみたい1頭です。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする