2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/11/02東京11R 京王杯2歳ステークス予想【自信度E】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L2 高速(11.1) 持続(0.4)
18 L2 超高速(10.8) 超持続(0.2)

(17,18ともに良馬場)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続)

想定上がり:L2高速持続

 京王杯2歳ステークスは、スローペース量産レースです。

 ここ3年続けて函館2歳S・小倉2歳Sの覇者が出走しており、ローカルの1200~1400で勝ち上がってきた馬がメンバーの大半を占めるので、出馬表を見るとペースが流れそうなのですが、毎年全くペースが上がりません。

 ペースが上がらない理由に関しては理屈で説明しづらいのですが、長い直線の東京、そしてスプリンター中心のメンバーとしては長めの1400mという距離から、毎年必要以上に溜めてレースを進めなければという意識が働いているとしか考えられません。

 今年も函館2歳S勝ち馬ビアンフェ、小倉2歳S勝ち馬マイネルグリットが参戦しており、両レースとも前半33秒台というスプリントの流れだった(しかも、ビアンフェは逃げてこのペースを作っている)のですが、結局落ち着いて上がりの軽さ勝負になるのでしょう。

 今年こそは速くなるだろう、と事前に考えて予想に挑むのですが、さすがに毎年ドスローが続くのも偶然とは思えないので、割り切ってスロー想定で予想します。

 超高速馬場でスローの1400mとなると、直線ではスピードが全く落ちないトップスピード持続戦が展開されます。

 17:12.6 – 11.4 – 12.0 – 12.1 – 11.2 – 11.1 – 11.5
 18:12.9 – 12.2 – 12.9 – 13.2 – 11.7 – 10.8 – 11.0

 上記が過去2年のラップになりますが、L2で超高速~高速となったうえでL1でもペースがほとんど落ちない形になります。

 この形なので、1600m以上のスロー新馬戦組が強そうなものですが、全体スピードの観点から1200mである程度溜める形で結果を残してきた馬の方が優勢となっています。

 ただし、このある程度のさじ加減が難しく、結局は現時点での完成度で結果が決まっているような気もしています・・・。

 完成度という意味では、秋の中山・阪神開催以降に勝ち上がった馬は、4年前のボールライトニング・アドマイヤモラールを最後に連対できていません。

 ラップとは全く関係のないデータに頼るのもどうかと思いますが、今年の該当馬であるアポロニケグレイトホーンヴァルナは少し評価を落としてみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク




予想【自信度E】

[最強]競馬ブログランキングへ

単勝・複勝◎

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 過去レース分析の項目で1200m組が優勢と書きましたが、そうは言っても軽い上がりに資質がありそうな馬がいたら、そちらを狙いたいというのが本質的には正しいと思っています。

 というわけで、1400mになりますがスローペースからの軽い上がり勝負で走れている馬を◎にしました。

 デビュー戦は36.7-12.9-34.3という極端なスローの2番手を追走し、際どく迫られたもののなんとか押し切りました。12.9-11.7-11.0-11.6とコーナーまで遅く直線だけ速い競馬での好走でした。(6月デビュー勝ちなので、完成度の点も満たしています。)

 2戦目は間隔が空いて輸送競馬となりましたが、34.8-11.7-34.9とキレイな平均ペース。追走にかなり手間取ってしまいましたが、内の馬が残る中で外を回して最速上がり。決め手に欠けたものの、デビュー戦とは違いL1でも脚を伸ばし続けています。

 今回は軽めの上がりで好走している馬が本当に少なく、1600mのスローペースを逃げ切ったヴァルナくらいしか他に候補がいません。であれば、◎馬あたりでもチャンスはなくはないと考えて、消極的な形ですが単複を買ってみようという結論に至りました。

 大荒れすることはなさそうですが、ヒモも全く絞り切れなかったので控えめに。

その他の馬

 タイセイビジョンは函館2歳Sで出し切れずに2着。これは決め手がありますが、軽い馬場適性は不明。超高速馬場の府中において、この脚質で1番人気は不安がどうしても残ります。消去法的に対抗評価なのですが、◎との1点勝負できる自信度もなく・・・。

 マイネルグリットは重馬場で2勝をあげており、こちらも軽い馬場適性は不明。サンデーサイレンスの入っていない血統ですが、字面だけなら軽い馬場は(タイセイビジョンよりは)良さそうです。タイセイもマイネルも渋々買うくらいなら単複に絞ったという形です。

 ビアンフェはハイペース逃げで連勝しているように、本質的に単調なスプリンターでしょう。また、函館2歳Sでは出負けしたものの、他にハナを主張する馬がおらず恵まれた形。完成度は高そうですが、府中1400mは(現時点で示している適性だけなら)合わないです。

 ヴァルナは軽い上がり適性はありますが、完成度と全体スピードの2点で疑問が残ります。これがハナをとってペースを落とす形になると残り目もあるとは思いますが、タイセイ・マイネルに加えてここまで買ってもしょうがない気がしています。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする