2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2017/10/28東京11RアルテミスS【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
15 L2 高速 持続
16 L1 高速 超持続

アルテミスS過去レース分析ページはこちら

東京競馬場は京都に比べて馬場が回復しているようです。また、今週からBコース替わりで先週までの内ラチ沿いが仮柵でカバーされます。

雨は午前中から降るようですが、京都ほどの影響は出ないとみています。ただし最高速度については高速まで出ないかもしれません。

過去分析ではL2高速持続戦を意識していましたが、もう少し上がりがかかるイメージでの予想を組み立てました。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

◎09スカーレットカラー
注04タイドオーバー

単勝9 (13%)
単勝4 (3%)
複勝9 (67%)
馬連4-9 (3%)
ワイド4-9 (13%)

◎09スカーレットカラー

馬場が少し悪くなり、ラップバランスの観点から多少前半の追走スピードも問われそう。その中でラスト持続戦に対応している馬ということで、スカーレットカラーをピックアップしました。

デビュー戦は1400で追走に少し苦労しましたが、ラスト追い込んできて2着。2戦目の未勝利戦は46.8-48.7のハイペース戦を後方から徐々に進出する形。L2低速持続戦を2馬身半差で快勝しました。

ラスト持続戦好走馬は出走馬中半分くらいいるのですが、その中でも前半流れる中で結果を出しているのはこの馬くらい。馬場が重くなればなるほど前半の比重が大きくなってくるので、ハイペースで結果を出しているのは心強いです。人気もほどほどでしょうし狙い目。

注04タイドオーバー

L1最速戦を勝ち上がっている馬が3頭います。L1最速戦は基本的に全体のペースが緩く、最後まで脚が上がらないレースが多く、次走厳しいペースになるとコロッと負けてしまうことが多いですが、アルテミスSに関してはプラスと言えます。

該当する3頭はタイドオーバー・ダノングレース・トーセンブレスです。

トーセンブレスは最後方から強烈な脚を使っていますし、ダノングレースは負かした馬が次走以降で好走していてレベルが高そうです。

ただし、この2頭は人気上位が必至。対してタイドオーバーは最低人気クラスです。それならスカーレットカラーの相手として少し買ってみたいです。

最強競馬ブログランキングに参加しています!
ご一読の後、ぜひワンクリックお願いいたします!


最強競馬ブログランキングへ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする