2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

セントライト記念出走馬分析 アルアイン

皐月賞馬アルアインが菊花賞トライアル・セントライト記念に出走予定です!

春は毎日杯を勝ち皐月賞に駒を進めたものの、裏路線ということもあり9番人気の低評価。しかし、先行集団から抜け出し松山弘平騎手とともにクラシック制覇となりました。ダービーでは5着と敗れ、今回からルメール騎手に乗り替わり。新たなパートナーとともに2冠馬を目指して、セントライト記念に挑みます。

それでは、アルアインの近3走ラップ、好走時ラップ、セントライト記念にむけてのポイントです。

スポンサーリンク




近3走ラップ

年月日 レース名 コース 距離 人気 着順 最速
地点
最高
速度
失速
度合
17/5/28 日本ダービー 東京 2400 4 5 L2 超高速 持続
17/4/16 皐月賞 中山 2000 9 1 L3 高速 持続
17/3/25 毎日杯 阪神 1800 2 1 L3 高速 失速

ダービーは史上稀にみる超スローペース。首尾よく先行したものの伸びきれず逃げたマイスタイルをかわすこともできませんでした。

皐月賞は一転して平均ペースで、L3高速持続戦とそこそこの脚を長く使う必要があるレースに。後方からマクリ気味に上がってきた同厩舎のペルシアンナイトに迫られましたが、最後まで粘って栄冠を勝ち取りました。

毎日杯はややスローで、皐月賞と同じL3高速戦。こちらはL1で落としていますが、前半のリードを活かしてサトノアーサーを振り切りました。

トップスピードの質もそれなりにありますが、それよりも早めに脚を使って最後まで落とし切らない持続力が最大の武器。素早く先行ポジションを取れるのも好感が持てます。

好走時ラップ

年月日 レース名 コース 距離 人気 着順 最速
地点
最高
速度
失速
度合
17/4/16 皐月賞 中山 2000 9 1 L3 高速 持続
17/3/20 毎日杯 阪神 1800 2 1 L3 高速 失速
16/12/23 千両賞 阪神 1600 1 1 L3 高速 失速

(千両賞は重馬場)

皐月賞・毎日杯・千両賞と好走レースの内容はほぼ同じ。平均~ややスローのレースを先行し、L3高速戦で最後まで粘りこむ形。

L3高速戦の適性の高さは文句なしなので、あとはこれがセントライト記念に活きるのかを考える必要があります。

セントライト記念にむけたポイント

セントライト記念の場合は、過去レース分析の通りL3,L4の低速持続戦が一番多い流れです。

アルアインの場合、L3持続戦自体は皐月賞制覇の通り問題ないですが、最速地点が低速になるのが気がかりではあります。毎日杯や千両賞のように、早めに高速上がりを繰り出しはじめ、ラストの失速を先行ポジションと持久力でカバーするのが勝ちパターン。

勝負どころで鋭い脚を使いづらいレースとなった際に、この馬の武器が最大限活きるのかは微妙なところです。そもそも最高速度が低速戦の経験が新馬戦しかないので。

また、皐月賞はマイル戦の勝利経験がある馬のワンツースリーだったように、中距離戦よりマイル戦に寄った流れだったので、比較的ステイヤー要素の強い2200に対応できるかも鍵となります。

メンバーを見る限りでは強敵が少ないので、適性がかみ合わなくてもそれなりには走れそうですが、もっと適性が合う馬がいればそちらから買いたいというのが、現時点での見立てです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする