2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/06/24函館11RUHB杯予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速(11.4) 失速(0.7)
17 L2 高速(11.4) 持続(0.5)

(16は稍重、17は良)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

想定上がり:L2高速失速

 函館1200mの特徴は、函館スプリントステークス過去レース分析で長く書いたので、ここでは簡単に。

 向正面が上り坂で数字以上に前に厳しく、コーナーがきついのでL3で一旦スピードが緩みます。L2最速戦になる可能性が高い条件です。

 展開は非常に読みづらいのですが、外からラッシュアウトは行くでしょうが、他がどのような隊列になるかは全くわかりません。ただ、テンが速い馬はほとんどいないので、ペースが無茶苦茶に上がることだけはないでしょう。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ
△01クリーンファンキー
△02ウインハートビート
△04ウイズアットレース

馬連◎-1,2,4

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 能力が単純に高いということもありますが、前走がひどい不利で全く競馬になっていなかったので、人気が落ちて狙い目になりそうという意味で本命にします。

 その前走は、スタートはまずまずでしたが自分よりテンが速い馬が外に集中していたため、ポジションを少し下げさせられます。下がったところで、内から外から殺到されてズルズルとさらに後ろに下がります。そして、コーナーでは内外に壁があり、ゴール前までほとんど追えずになだれ込んだだけの競馬となってしまいました。

 全く競馬になっておらず、力をこれっぽっちも発揮できていません。L2最速戦で既に1000万条件は勝ち上がっていますし、ここは前走よりだいぶメンバーが軽いです。

 スムーズな競馬ならば間違いなく巻き返し可能でしょう。後は人気が落ちてくれれば・・・。

△01,02,04

 先週はそこまで内が有利という感じもしなかったのですが、土曜の芝1200は内を通した馬が上位に多く来ていました。今週は内有利と言い切ってしまっていいでしょう。

 というわけで、内の2列目3列目を追走できそうな馬を単純に狙います。スムーズに捌ける保証はないですが、3頭もいればどれかは前が空くでしょうという予想です。もちろん、3頭ともL2最速戦で500万を勝っているという上がりラップ的な根拠もあります。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする