2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/12/02中京11Rチャンピオンズカップ予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

チャンピオンズカップの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L4 高速(11.8) 超失速(1.2)
17 L2 高速(11.8) 失速(0.6)

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:11.5~11.9は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

想定上がり:L2高速失速

 ダートの一流どころの戦いにしては、先手を主張する馬が少ないメンバー構成になりました。この並びならサンライズソアが逃げそうですが、最内を引いたアンジュデジールの積極策、久しぶりに参戦してきた海外馬パヴェルがハナを取る可能性もありそうです。

 1番人気のルヴァンスレーヴが内枠を引いたことで、これが道中積極的に動いていく可能性が低くなりました。オメガパフューム・ウェスタールンド辺りは、差し馬の中では早めに動くことができるタイプですが、どちらも先行馬のペースを乱すほどのマクリタイプではありません。

 以上から、昨年のようにペースが落ち着いて、直線で11秒台の末脚が求められる瞬発力重視の流れになると思われます。

 ポジション差も重要な要素(前の方が有利)ですが、決め手の鋭さを最優先した予想をします。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯02ルヴァンスレーヴ
▲11オメガパフューム
★03パヴェル
△08ケイティブレイブ
△09サンライズソア
△13ミツバ

馬連◎-2,3,11,13
馬連2-11
3連複◎-2,11-2,3,8,9,11,13
3連単◎→2,11→2,3,8,9,11,13

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 L2で11秒台半ばくらいの瞬発力が問われる流れを想定していますので、L2高速戦に実績がある馬を狙いたいです。その中でも人気が1頭だけ低い馬を本命にします。

 前走は消化不良の1戦で、道中で脚を使ったことやコーナーでの不利、直線でも狭いところを突かざるを得ないという感じで持ち味が全く活きませんでした。

 驚きだったのが2走前で、12.3-12.2-11.9-12.4とスローで後半勝負だった中、直線入口まで溜めに溜め、直線で末脚を爆発させました。おそらくL2地点では11秒台前半の脚を使っており、中距離ダート戦ということを考えると破格の瞬発力です。

 距離延長となることで、前半でしっかり脚を溜められる今回は大きな巻き返しのチャンスです。昨年のゴールドドリームのように、スローで前残りになりかけたタイミングで驚異の瞬発力でぶっこ抜くとしたらこの馬でしょう。

◯02ルヴァンスレーヴ

 ルヴァンスレーヴの評価は、最後まで悩みました(昨日時点では決めきれませんでした・・・)。

 能力的にはご存知の通りといった感じで、ユニコーンステークスで12.3-11.9-11.5-12.2という上がりを見せているように、瞬発力の面でも条件はクリアしています。

 懸念としては、やはり枠順でしょう。スタートがそこまで良いタイプではないので、ジャパンダートダービーのように1コーナーまでに外に持ち出す形になるかもしれません。差し馬も問題なく来れるチャンピオンズカップですが、3,4コーナーで外を回す形は歓迎できません。

 まともにスタートを決めればすんなりの可能性もありますが、1倍台の信頼度があるかと言われると微妙です。ただし、能力・適性ともに文句はないので、対抗より下には落とせませんでした。

▲11オメガパフューム

 シリウスステークスで、L2高速戦はクリア。とはいえ、オメガパフュームの場合は早めから動いても末脚が鈍らない、トップスピード持続力が最大の武器です。

 ジャパンダートダービーもL2最速戦だったのですが、直線半ばではあまり伸びを見せず、L1で巻き返しての2着でした。シリウスステークスも早めに動いていっての形でしたので、溜め込みすぎると脚を余す可能性があります。

 こういうタイプは乗り替わりの影響が大きいので、いくらクリスチャン・デムーロ騎手といえどもマイナスです。早めに動いていくことができれば。

その他の馬

 サンライズソアケイティブレイブは似たような評価で、先行できるのは大きなプラスですが、L2で11秒台となるようなトップスピードの高さと瞬発力を求められるのはマイナスです。どちらもミドル以上のペースに臆さずに、全体的なスピードで後続の脚を削ぐタイプですので、適性面で上位3頭と比べると見劣ります。3連系のみの相手候補。

 逆にパヴェルは、前半からゴリゴリ飛ばすアメリカからやってきましたが、戦績的には前半で落ち着いた方が良績を残しています。今回はその気になればハナも取れるような穏やかな前半が想定されるので、日本の馬場が合えば怖いです。

 大穴候補はミツバ。白山大賞典はひどい競馬でしたが、元々気ムラが激しいタイプ。鋭い一脚はある馬なので、まともに走る気を見せてくれればノーチャンスではないでしょう。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする