2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018富士ステークス過去レース・上がりラップ分析ページ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

 2018年10月20日の東京競馬場メインレースは、近年レベルが上がってきたマイルチャンピオンシップの前哨戦・G3富士ステークスです!

 一昔前だと一流マイラーは天皇賞からマイルCSに出走することが多く、関西馬だとG2のスワンステークスがあることから、正直パッとしないメンバーで行われることが多かった富士ステークス。

 しかし、昨年はエアスピネルVSイスラボニータという好カードでしたし、今年も昨年のマイルCSチャンプであるペルシアンナイトが出走予定。連覇を狙うエアスピネルもいますし、3歳馬ジャンダルムや安定感のあるロジクライ、牝馬路線からもワントゥワンレッドアヴァンセデンコウアンジュとマイル路線で実績のある馬が揃いました。

 クラブ馬や騎手の使い分けによって、G1でトップクラスが集結しづらくなったのは残念ですが、富士ステークスのようなレースにメンバーが揃うことで、興味は上手く分散されていますね。マイルCSへの重要なステップとなりそうなので見逃せません。

 以下、過去10年の上がり傾向、私の過去予想、富士ステークスのポイントとなります!

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
08 L3 高速(11.2) 超失速(1.1)
09 L3 低速(11.5) 持続(0.4)
10 L3 高速(11.1) 超失速(1.1)
11 L3 高速(11.2) 超失速(1.5)
12 L3 高速(11.3) 失速(0.6)
13 L2 超高速(10.9) 超失速(1.0)
14 L3 超高速(10.9) 失速(0.8)
15 L2 高速(11.1) 持続(0.3)
16 L3 高速(11.2) 失速(0.6)
17 L3 高速(11.2) 超失速(1.4)

(11,17は不良、残りは良馬場)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

 いつも書いているように、トライアルなのでペースは緩め。府中はL4が丸々コーナーで、長い直線が控えていることもあってペースが落ち着きます。

 コーナーを抜けてからギアがかかり、そこからは11秒台前半→11秒台前半→12秒前後という直線を長く使ったトップスピード持続力戦になりやすいレースです。

 ただし、今年の場合はマルターズアポジーウインガニオンと個性的な逃げ・先行馬が2頭エントリー。馬場状態もかなり良さそうなので、例年とは一味違った流れになる可能性があります。この辺は、下の富士ステークスのポイントの項で触れます。

スポンサーリンク

 

過去の予想結果

本命馬 結果
16 ブラックムーン 7番人気6着
17 ペルシアンナイト 2番人気5着

 昨年は不良馬場でしたが、翌週の天皇賞秋の不良馬場とは大違い。1:34.8と時計はかかっていますが、47.8-47.0のスローペースで12.0-11.2-11.2-12.6とL1以外はそれなりのスピードが出ていました。

 ペルシアンナイトは、マイルだと全体時計がかかった方がいいタイプで期待しましたが、府中のL3で加速力が求められる流れは合っていなさそうです。次のマイルCSが、46.7-47.1=1:33.8で、11.9-11.5-11.6-12.1とトップスピードが必要ない流れでした。

 マイルならば、17マイルCSのような時計がかかる馬場の低速持続戦が良さそうなので、良馬場で59キロの今年は昨年よりも厳しい条件の中でレースを迎えることになりそうです。

富士ステークスのポイント

 マルターズアポジーとウインガニオンがいますが、ハナはマルターズアポジーの方。ウインガニオンも今回は酒井騎手に乗り替わりで、より積極的な競馬になるかもしれませんが、ウインは基本的には息を入れてレースを進めたいタイプ。

 マルターズアポジーは現役No.1のゲート力を持ちますし、これがハナにたっていつものように淀みない流れを作るでしょう。

 府中はかなりの高速馬場で、マルターズアポジーがしっかりとペースを作れば45秒台後半ー46秒台半ばのバランスで1分32秒台前半の決着タイムになりそうです。

 後方から競馬を進めるタイプは、直線での爆発力が必要になりますが、中団より前の馬は前後半のバランスを取りながら32秒台前半に対応できる能力がカギとなるでしょう。

 例年よりも、L3地点での加速力が必要にならない代わりに、全体スピードが重要な1戦です。

 特注馬は、前後半バランスをとって走れるタイプの先行馬を指名します。高速馬場に懸念があった馬ですが、今年になってからは32秒台で走り続けており、若駒の頃よりも全体スピードに磨きがかかっています。

 トップスピード面では目を見張る能力はないですが、前半がミドルからハイペースとなり、後半だけの勝負にならなければ非常に安定しています。今年は流れがハマりそうで、ここでもかなり期待できます。

 特注馬は[最強]競馬ブログランキングへ

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする