2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/05/02船橋11Rかしわ記念予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

かしわ記念の過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L3 低速 失速
17 L3 低速 失速

(16は稍重、17は良)

(最高速度:12.0~12.4は低速、失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速)

想定上がり:L3高速失速

 4月30日の閃光スプリント、5月1日の皐月盃とここ2日の船橋メインレースは、過去2年よりも時計が出ていました(閃光スプリントは過去2年1200mですが)。

 過去レース分析で書きましたが、昨年末の砂入れ替え以降、船橋の馬場は時計が出やすくなっています。ここ2年は1分39秒台の決着となったかしわ記念ですが、今年はもう少し速い決着タイムになるでしょう。

 ペースが上がれば37秒台の可能性もありますが、オールブラッシュが逃げるようだとペースはあまり速くなりそうもありません。あまり包まれたくないモーニンが押していく可能性はありますが、オールブラッシュが何が何でもの形をみせれば2番手で折り合うことになるでしょう。モーニンはスタートに不安もありますし。

 外のインカンテーションも先行するでしょうが、これは逃げるにしても、何かを行かせるにしてもペースを上げる意識はないでしょう。おそらく前半が遅く、3コーナーから一気に動き出すL3高速戦となり、勝ち時計は1分38秒台。L3,L2が速く、L1で一気に落ち込むレースになると思われます。

 コーナーでの機動力が一番重要で、速い脚をカーブでも発揮できる馬が中心となります。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)
◯04モーニン(過去レース分析特注馬)
▲12ノンコノユメ

3連単◎,4→◎,4,12→◎,4,12 (4点)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)

 一番連対確率が高い馬を本命に選びました。このメンバーでは、コーナーでの機動力が一枚上です。

 昨年のかしわ記念にも出走しています。インベタで競馬を進め、3コーナーから激しく手が動きますが、ここで離されずに直線で一伸びをみせました。

 府中のマイルでも実績があるように、コーナー2つ戦でも好走できますが、重賞勝ちのほとんどがコーナー4つないし6つの小回り戦。距離はマイルがぴったりなので、府中でも好走できているのでしょう。

 今回は小回りのマイルというベスト条件。しかも、人気を分け合うゴールドドリーム・ノンコノユメは明らかに小回り不向きなので、悲願のG1制覇に向けた最後にして最大のチャンスです。

◯04モーニン

 前走オープン特別までレベルを落として、久しぶりの勝利をあげました。ただ、2走前・3走前は芝コースで、4走前の武蔵野Sも大きく負けてはいません。

 デビュー後、破竹の勢いを見せていた時は高速ダート向きかと思われましたが、16フェブラリーステークス以来の戦歴からは、地方の時計のかかるダートの方が合っています。

 特に、船橋競馬場では安定した競馬をみせています。連勝が止まった16かしわ記念は、大幅な馬体重減や中途半端な位置取り、早めにレースを諦めたことで着順が大きくなっています。

 距離不向きの日本テレビ盃で、アウォーディーやサウンドトゥルー、ケイティブレイブ、アポロケンタッキー辺りと僅差の競馬をしています。船橋の3コーナー最速戦適性が高く、今回のメンバーなら適性面で上位にいます。

▲12ノンコノユメ

 3着争いでゴールドドリームとどちらを取るかで、ノンコノユメを選びました。どちらもコーナーで動く競馬は苦手ですが、苦手の質が違います。

 ゴールドドリームは、コーナーでも速い脚を使うことができますが、長く脚を使えないのでラストで大きく失速してしまいます。逆にノンコノユメは、そもそもコーナーで速い脚を使えないので置いていかれます。直線では末脚を使えますので、終いは差を詰められますが、コーナーで離されるので頭まで届きません。

 3着で買うならば、ラストで止まるゴールドドリームよりも、終いは伸びるノンコノユメを買いたいです。どちらもアタマはないと考えています。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする