2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/02/11東京11R共同通信杯予想【自信度A】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

共同通信杯の過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L3 低速 失速
17 L2 高速 持続

(16は稍重)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

想定上がり:L3高速失速(※)

 コスモイグナーツがいることで、これが展開を作るのは明白ですが、ペースの作り方がどうなるかは微妙。京成杯・東京スポーツ杯とここ2戦は、後半の方が2秒近くも遅いハイペースを作り出すも直線では大きく失速しています。

 コスモイグナーツが勝ったアイビーSは不良馬場で参考にしづらい面もありますが、中盤では一旦大きく緩めています。今回はもしかしたら、中盤から緩める競馬になるかもしれません。

 ただ、離して逃げたとしたら後続はある程度無視してレースを進めて直線入口からのスパートに、馬群をひきつけてもマイネル軍団&柴田大知騎手ですから早めスパート。

 結果的にはL3最速の高速失速戦になるでしょう。コスモの逃げ次第で見た目のラップは歪むでしょうが、直線での脚の使い方は11秒台前半→11秒台前半→12秒台となるでしょう。

スポンサーリンク




予想【自信度】

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)
◯12グレイル

単勝◎ (50%)
馬連◎-12 (50%)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

 L3高速戦経験馬がいないので、ロングスパート戦・瞬発力勝負の両方をこなしている馬から入ります。

 本質は前走の12.5-11.4-11.1-11.6というラップようなスローの瞬発力勝負向きでしょうが、未勝利勝ちは49.7-11.4-48.3と中盤から速くなるレースでの快勝でした。

 L2で一気にギアチェンジして突き放す競馬で勝ち上がってきている馬が多い中で、600mをスピードを落とし切らずに走れているのは明確な強み。グレイルは強敵ですが、一発入れる可能性はあります。

◯12グレイル

 ほかにも面白い馬がいれば、もう少し評価を落としたかったのですが・・・。

 新馬戦が菊花賞デーの極悪馬場でのもので参考にならず。京都2歳Sはその1走だけで2番人気だったので評価できませんでしたが、61.7-59.9のスローで12.3-11.6-11.3-11.7の600m勝負。逃げたケイティクレバーには差をつけ、タイムフライヤーを競り落としての重賞勝利でした。

 レース終了後は京都2歳Sもレベルに懐疑的でしたが、2着タイムフライヤーはG1を勝ち、3着ケイティクレバーはオープン勝ち、4着アイトーンも500万を突破と結果的にはそれなりのメンバーでした。

 ペースが上がった際の反応は未知数ですが、今回は実質的にはスローで直線だけの勝負になりそうなので、ここではまだボロが出ないとみて対抗に。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする