2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/02/25中山11R中山記念予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

中山記念の過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速 失速
17 L2 高速 持続

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

想定上がり:L2高速持続

 マルターズアポジーが逃げ、マイネルハニーとアエロリットが2番手。ヴィブロス・ウインブライトが続き、サクラアンプルールは内で我慢。ペルシアンナイトは後方2番手辺りからの追走でしょうか。

 マルターズアポジーが前半で作るペースが鍵になりますが、初コンビとなる柴田善臣騎手とのコンビなので、いいか悪いかはさておき今までの武士沢騎手のような積極的な逃げにはならなさそうです。ゲートが抜群にいいのでハナに立つのは余裕ですし、他の騎手もマルターズアポジーには競りに行かないでしょうから、マイペースでレースを進めるでしょう。

 向正面から速くなりやすいコース形態なのは間違いないですが、近2年のような一気のペースアップにはならず、ジワジワとスピードを乗せていき直線で加速力が問われる流れになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)
◯10アエロリット
▲02サクラアンプルール
△04ペルシアンナイト
×09ショウナンバッハ

3連単◎→2,4,10→2,4,9,10 (9点)
3連単2,4,9→◎→2,4,9,10 (9点)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)

 今回のメンバーは決め手に長ける馬が少ない印象。これなら◎馬の決め手で十分通用しそうです。

 前走は12.2-11.6-11.2-11.6と軽いL2高速持続戦で人気を裏切りましたが、終始外々を追走させられたのが痛かったです。3走前や5走前の内容から、スピードが乗り切れば最後まで高速に近い脚を使い続けられるタイプで、前半はスローで終い2~3ハロン勝負になれば現役上位の能力の持ち主。

 今回は単調な展開になりそうなのでチャンス。他に強力な瞬発力タイプがいないのも大きいです。連対はしてくれるとの読みです。

◯10アエロリット

 クイーンカップは自らミドルペースを作って離し逃げ。コーナーで思いっきり引き付けて、直線で再び瞬発力を使って抜け出しました。

 東京マイルG1を勝っているように高速持続戦の能力が高く、軽い上がり勝負になればこのメンバーでは上位級でしょう。折り合いに難しいところがある馬なので、鞍上の手腕に期待。

▲02サクラアンプルール

 昨年の中山記念や札幌記念のように、ベストは瞬発力を問われないロングスパートの持久力勝負。それでも、17白富士Sで11.9-11.2-11.0-11.4の流れで2着しており軽い上がり勝負でもなんとかできるだけのものはあります。

 外枠でしたら評価を落としたいところでしたが、立ち回りの良さを活かせる内枠を引いたので3番手評価。

△04ペルシアンナイト

 これはマイルチャンピオンシップや皐月賞の内容から、11.5前後の脚を長く使える中間速の持続力タイプ。マイルチャンピオンシップは11.9-11.5-11.6-12.1という流れで届きましたが、馬場が軽くスローで前が残りやすい中で突っ込んでこれるほどの軽い脚は今のところ見せていません。

 思ったより一本かぶりの人気になっていますし、それなら評価を落としたいところ。L2高速戦で勝利したアーリントンカップもラストは12.3まで落としていますし、最後まで軽い流れになると疑問符が付きます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする