重賞回顧・競馬の考え方はこちらの新ブログへどうぞ!

2018/01/28京都11RシルクロードS予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

シルクロードSのレース回顧記事を作成しました!◎馬もこちらからご確認ください。

シルクロードSの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L3 高速 失速
17 L2 高速 持続

(16は稍重)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

想定上がり:L2高速失速

レースの傾向に関しては過去レース分析ページに長々と書いているので、そちらをごらんください。

今年の展開は少し読みづらいところがあります。ナックビーナスがハナに行く可能性は高いですが、これもどうしても逃げなくてはいけないというタイプではありません。

内からファインニードル・セカンドテーブル・セイウンコウセイ・ダイアナヘイロー・タマモブリリアンと先行馬が多数いますが、どれも逃げるよりは2番手集団の前でという馬。最序盤はどれも、他に行く馬がいないか探り探りのレースになりそうです。

外を嫌ってナックビーナスが早めにハナを取り切れば早めに落ち着くでしょうが、どれが行くかはっきりしない状態が続くと意外と早くなる可能性もあります。どちらにしても極端なハイまたはスローにはならないでしょう。

溜めるタイプの先行馬が多く、仕掛けどころは少し遅くなるでしょう。京都の芝は相変わらず時計が少しかかっているのでラストはやはりスピードは落としそうです。L2高速失速戦を想定します。

Bコース替わりの影響で内が残りやすくなるのがシルクロードSの定石。しかし、今年は昨秋の台風の影響で年明けから必ずしも内が有利というわけではありません。馬場に関してはフラットに考えてもいいと思います。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

シルクロードSのレース回顧記事を作成しました!◎馬もこちらからご確認ください。

◯08ダイアナヘイロー
▲15ナックビーナス
△06セカンドテーブル

単勝◎ (10%)
複勝◎ (50%)
馬連◎-8 (20%)
馬連◎-15 (8%)
馬連◎-6 (4%)
3連複BOX◎,6,8,15 (2%×4)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

シルクロードSのレース回顧記事を作成しました!◎馬もこちらからご確認ください。

ハンデや最近の成績から人気を落としていますが、ここは狙いどころです。

好調だった16秋から17春までの4戦はすべてL2最速戦。前半をコントロールして直線の入り口でスパートして勝負するタイプです。

7秒台でも走れていますが、どちらかというとパワータイプで8秒台に突入しそうな今の馬場も合っています。

夏以降は不振が続いていますが、どれもL3~L4最速戦で、ロングスパートになったことで最後にもうひと粘りできていない感じ。ペースがある程度落ち着きそうなここは巻き返しの絶好の機会です。

◯08ダイアナヘイロー

こちらは夏の4連勝のうち1000万からの3戦がすべてL2最速戦。北九州記念は前半がかなり速い中で、コーナーでコントロールしてもう一脚使いました。

スプリンターズSでは大敗しましたが、状態面の問題もあったでしょうし、L3超高速戦となり早めに脚を使わされて失速してしまいました。

今回は前半からさほどペースは上がらないでしょうし、様子見の先行争いから仕掛けも遅くなりそうで、十分巻き返し可能だと思います。

▲15ナックビーナス

控えめにオープン特別を中心に使っていますが、スプリント能力はかなり高いです。

その中でも現代的なスプリンターといえ、前半でいいポジションを取った後はペースを抑え、直線入口の鋭い反応で勝負するタイプ。

キーンランドカップでは前半から飛ばして3着に粘りましたが、ダートの1戦を挟んだここ3戦がすべてL2最速戦。前半をスローに落として、瞬間の反応を使って好走を続けています。

目立った成績は出ていませんが、現況なら京都との相性はかなり良さそうで、外枠が気になる以外はかなりいいと思います。

△06セカンドテーブル

休み明けの1点だけが鍵ですが、ラップ適性はピカイチ。

昨年京都1200を3戦連続で使い、2着・3着・11着という成績を残していますが、馬券圏内の2戦はL2最速戦で、大敗したレースがL3最速戦。

また、大敗した鞍馬Sは初夏の京都で勝ち時計が1:07.3と速かったですが、好走した2戦は8秒前後とほどほど時計がかかる馬場。重賞2着のCBC賞も1:08.0の時計で、8秒前後ならば安定した成績を残しています。

L2最速戦で全体時計がかかりそうなここは絶好の狙い目。体調さえ万全ならアタマまで期待できます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. […] シルクロードステークスの予想公開記事はこちら […]