2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/10/27京都11Rスワンステークス予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スワンステークスの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L3 高速(11.3) 持続(0.5)
17 L4 低速(11.7) 持続(0.5)

(16は良、17は重)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続)

想定上がり:L3高速持続

 逃げるのはおそらくベステンダンク。米子ステークスでは前半46.0で逃げていますが、超高速馬場のものでバランス的にはミドルペース。1400で逃げるとなれば、絶対的にはスピードが上がらないでしょう。単騎逃げになりそうなので、さらにペースが遅い可能性は上がります。

 京都は原因がよくわからないですが、開幕週からずっと標準より時計のかかる馬場になっています。オープンクラスなので、さすがに1分21秒台の勝ちタイムになるでしょうが、ペースも上がらず、かといって上がりも10秒台が必要とならないレースになる気がします。

 バランス的にはスロー濃厚なので、直線平坦も加味すると最後までスピードが落ちない競馬になるでしょう。トップスピード持続力が重要、というか最高速度も問われないので、持続力さえあればなんでもいい気がします。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

◎10モズアスコット
[最強]競馬ブログランキングへ

△04デアレガーロ
△07キングハート
△08ロードクエスト
△09ヒルノデイバロー

3連単10→☆,4,7,8,9→☆,4,7,8,9

スポンサーリンク

 

 

◎10モズアスコット

 さすがにこのメンバーでは・・・という感じで1倍台でもしょうがなく本命に。

 オープンで唯一馬券圏外となった阪神カップが、33.6-11.2-34.7とスプリント的な前半のスピードを問われたレース。マイラーズカップも前半でついていった分、最後に止まった感じです(相手がサングレーザーで強かったということもありますが)。

 安田記念は、45.5-45.8とミドルペースでしたが、マイラーズカップとは違い後方からの追走で脚を溜めたのでよかったのでしょう。前半で無理をしなければ、馬場不問で上がりの総合力は高いです。

 安土城ステークスはスムーズに競馬ができなかったですが、今回は少頭数でこのメンバー。正直仕上がり途上でも、負けるケースは考えづらいです。

[最強]競馬ブログランキングへ

 ヒモの5頭は金額に差をつけずに単純に流すので、ピックアップする馬は正直どれでもよかったのですが、ヒモの中では人気がなさそうな馬を選びました。

 この馬は、上がりのタイプ的には決めつけづらいのですが、とりあえず時計がかかれば何でもいいタイプと言えます。ここ1年は大崩れせずに走っていますが、雨馬場で安定しており、良馬場でも全体時計がかかるレースの方がベターです。

 もう少し人気するかと思ったのですが、距離が嫌われたのでしょうか。最近は先行できるようになっていますし、前半の競馬が改善されたので安定したと考えられます。1400でもスプリンターが逃げるようなペースでは買いたくありませんが、スローペースで時計がかかる馬場なら追走にも苦労しないでしょう。

 これが2着に来ればまずまずの配当になるので、上手く競馬をしてほしいです。

その他の馬

 デアレガーロは、1200でも勝っていますがハッキリと後傾型。京都牝馬ステークスが、36.1-12.2-34.7と重い馬場でかなり遅い前半。この流れで差し込めたように、前半でいかに楽に走れるかが大切なタイプです。今回は展開が向きそうですね。

 ロードクエストは、これくらいのメンバーでスローのトップスピード持続力勝負なら威張れますが、さすがにルメ・デム馬券は売れますね・・・。

 ヒルノデイバローは、高速馬場がいいのかと思いきやタフな馬場でも走ってきたり、先行して好走したかと思えば末脚勝負で台頭することも。結局、気持ちが乗るかどうかの馬なので、人気しない限りは拾っておきます。

 キングハートは、高速馬場のスローペースが一番いいと思いますが、オーシャンステークスは33.5-34.8のハイペース。ただ、こちらはヒルノデイバローのような気ムラタイプというよりは、いつも真面目に走って展開がハマるか、前がスムーズに空くかといった他力タイプ。今回はメンバーが落ちる分、相対的に評価が上がりました。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする