2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/02/04東京11R東京新聞杯予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

東京新聞杯のレース回顧記事を作成しました!◎馬もこちらからご確認ください。

東京新聞杯の過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速 持続
17 L2 超高速 超持続

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続)

想定上がり:L3高速失速

土曜の東京芝はラスト1ハロンで12秒台まで落ち込んでいました。

雪の影響で全体時計がかかる馬場でしたが、先週の馬場の軽さが影響し騎手の意識も早めになっていました。その分ラスト200mのラップに歪みがはっきりと表れました。

明日は馬場が乾くでしょうし終いの失速幅も小さくなるでしょうが、今日の傾向は先週とは明らかに異なるものだったので頭に入れておきましょう。

展開はトウショウピストが逃げるのは間違いないでしょう。ただし、これがどれくらいのペースを刻むかは微妙。2走前は東京1400で前半46.7のペースに落としましたが、これ以上に落とす逃げが打てる馬でもありません。一番遅くてこれくらい、前半59秒前後のペースになるでしょう。

ディバインコードマイネルアウラートベルキャニオン辺りが2番手集団になるでしょうが、この辺がどれくらいつっかけるかもペースの鍵になります。ベルキャニオンは無理しない、ディバインコードは1400向きですが折り合いはつく、マイネルアウラートは前走京都金杯の失敗からも無茶なつっつきは考えづらい、となるとペースを無理に引き上げる方向にはもっていかないでしょう。

以上から、58.5-34.5=1:33.0くらいの展開、4ハロンづつに分けると46.5-12.0-11.2-11.2-12.1くらいのラップ(もちろんコンマ2~3秒くらいのずれはあります)を想定して、直線からの長いトップスピ―ド持続力と、終いの落ち込みに対応できる馬を狙っていきます。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

東京新聞杯のレース回顧記事を作成しました!◎馬もこちらからご確認ください。

◯09ハクサンルドルフ
(以下は馬券にはしていませんが評価順になります)
▲16グレーターロンドン
☆15ダイワキャグニー
△04ディバインコード
△06ガリバルディ
△08リスグラシュー

単勝◎ (10%)
単勝9 (25%)
複勝◎ (50%)
馬連◎-9 (3%)
ワイド◎-9 (12%)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

東京新聞杯のレース回顧記事を作成しました!◎馬もこちらからご確認ください。

ラストに失速するレースになるという点を強くみて、2桁人気になる可能性もありますが本命に抜擢しました。

近10戦で失速戦系のレースと持続戦系のレースをそれぞれ6戦と4戦していますが、失速戦は(2,2,1,1)、持続戦は(0,0,0,4)と戦績には大きく差がついています。

特に最後の1ハロンが11秒台後半から12秒台までかかると、安定感が増しており持続戦系のレースでも掲示板内に入る活躍をしています。

脚質的にはあてにしづらいタイプではありますが、終いは本当に堅実にメンバー上位の上がりを使えます。前が止まる流れになりさえすれば、今年のメンバーが揃った東京新聞杯でも馬券圏内のチャンスです。

◯09ハクサンルドルフ

こちらも常にメンバー上位の上がりを使える馬。

この馬は持続戦・失速戦問わずという馬で、イマイチ買い時がつかみづらいタイプですが、17年以降で馬券圏外になってしまった3戦は、すべて逃げ馬が3着以内に残る前残りレース。

前が止まってくれさえすれば馬券圏内には食い込めるタイプ。

クラスが上がりますが、この手のタイプは自分の脚は確実に使えるので、それでどこまで通用するか。

その他の馬

8枠2頭ダイワキャグニー・グレーターロンドンはともにL3高速失速戦経験があります。

ダイワキャグニーは先行するでしょうから目標にされそうなところはありますが、直線入口のスパートで他馬を出し抜いてからトップスピードの持続力を活かしたい馬。前走中山金杯はコーナーでぎくしゃくしたように、手前の関係でやはり左回り向き。上位評価からは外せません。

グレーターロンドンは久しぶりのマイルですが、近走のレースぶりからも前がある程度速くなるマイルの方がいいでしょう。脚を余さない競馬ができれば。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする