2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/05/13東京11Rヴィクトリアマイル予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

ヴィクトリアマイルの過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L2 高速(11.1) 持続(0.3)
17 L2 超高速(10.8) 超失速(1.1)

(16は良、17は稍重)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、1.0~は超失速)

想定上がり:L2超高速失速

 序盤の隊列は、比較的スムーズに決まりそうです。カワキタエンカがハナを取って、これをアエロリットが外から大名マークという形になるでしょう。カワキタエンカ・大野騎手、アエロリット・戸崎騎手ともに初騎乗ですので、ポジションを取った後は無理せずにレースを進める可能性が高いです。特に、戸崎騎手は引き上げるタイプのレースを好まないタイプですので、2番手でいつでも抜け出せる体勢を築いた後は、じっくり乗る形を選択しそうです。

 ペースが緩んだときのデムーロ騎手の動きが気になりますが、ドスローの前回こそポジションを取れましたが、アドマイヤリードにテンの速さはないため、前にプレッシャーをかけるのは難しそう。リスグラシューも同様で、外枠なので自然と中団前目くらいがとれそうですが、あとは直線にかけるでしょう。

 前半3ハロンこそ34秒台になる可能性はありますが、そこからの上り・コーナー区間で緩んで、直線に入ってスピードアップ。坂を越えてからが一番速くなって、ラスト1ハロンは失速するも昨年ほどの落ち込みもなさそうです。

 土曜が超高速馬場でしたが、日曜の雨がどこまで降るかもポイントです。予報的には、ぱらつく程度で本降りまではいかなさそうですが、雨が降ることで速くなりすぎないようにという意識が働くことになりそうですね。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)
◯04ジュールポレール
▲06レッドアヴァンセ
☆12エテルナミノル
△11アドマイヤリード
△16リスグラシュー
×2,3,10,17

馬連・ワイドBOX◎,4,6,12 (各6点)
3連複◎-4,6,11,12,16-2,3,4,6,10,11,12,16,17 (30点)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(50位前後にいます)

 ここ2走は小回りコースでの出走ですが、ベストはワンターンの1600~1800であるこの馬の激走に期待します。

 前走は47.2-11.8-47.8で、L4低速持続戦。一貫ペースで先行勢には厳しいペースになりましたが、際どく粘り込みました。2走前は、49.2-12.1-47.7と時計のかかる馬場でのスローペースで、ゲートの良さを活かした競馬。小回りコースでも安定した力を出しています。

 しかし、ベストの条件はワンターンの競馬で、中盤緩めて直線で一脚を使う形。それがいかんなく発揮されたのが、17ローズステークス。バランスは46.4-12.2-46.9と前半が気持ち速いミドルですが、上がり4ハロンが12.0-11.6-11.3-12.0のL2高速失速戦。テンである程度飛ばしていき、中盤の2ハロンを12秒台と緩めました。緩急がつく厳しい流れではありましたが、直線で11.3の脚を繰り出して後続を出し抜きます。最後はラビットランの豪脚に屈したものの、リスグラシューを抑え込んでの2着でした。

 ローズステークスは先行馬が壊滅状態でしたが、ただ1頭だけ粘り込んだように3歳秋時点でのパフォーマンスとしては立派なものでした。

 時計がかかる中での好走が目立ちますが、ローズステークスの内容からは高速馬場も全く問題ありません。今回も自分の競馬が確実にできる構成で、メンバーの大半がドスローだった阪神牝馬ステークス組。

 これらが脚を溜めている間に前半でリードを作り、コーナーで緩めてからの再加速で十分出し抜けを狙える、と判断して本命に抜擢しました。

◯04ジュールポレール・▲06レッドアヴァンセ

 阪神牝馬ステークスは、49.1-45.7という超スローで、上がりは11.9-11.0-11.1-11.7というL3高速失速戦。負荷の軽い競馬でした。

 今回は、6着ミエノサクシード、7着ミリッサ以外の11頭がヴィクトリアマイルにも出走します。阪神牝馬ステークス組の出し入れが重要ですね。

 5着ジュールポレールと6着ミエノサクシードに1馬身ほどの着差がありましたが、超スローで差がつきづらいレースだったので、この5着・6着の間に少し壁がありそうです。また、今回は6・7着馬が出ないので、8着以降からの巻き返しを狙う馬たちは、大きなプラス要素がなければ買いづらいです。

 そして、1着ミスパンテール・3着リスグラシュー・4着アドマイヤリードは今年2戦目でしたが、2着レッドアヴァンセと5着ジュールポレールはどちらも5か月の休養明け。それならば、上積みが大きな2頭を狙うのが筋でしょう(ただし、4着アドマイヤリードだけ今回斤量減というプラス要素もあります)。

 ジュールポレールを上にとったのは、ゲートの安定感。レッドアヴァンセは、阪神牝馬ステークスで2番手につけて粘り込みましたが、すぐ内のミスパンテールが逃げてくれて、それについていく形でポジションを取れたのがよかったです。ゲート自体は、ジュールポレールの方が上です。

 また、今回はレッドアヴァンセのすぐ外にカワキタエンカがいるので、ゲート次第ではポジションを下げられるリスクがあります。

 また、こちらは少し渋っても問題なく走れるタイプなので、雨が予想以上に降っても対応できます。

 この2点からジュールポレールを印上は対抗にしました。ただし、ジュールポレール・レッドアヴァンセの評価は、ほぼ同等です。ラップ的にはどちらも軽い流れを前受けして、最後まで高速を保ってゴールするようなレースが得意なので、スローペースは歓迎です。

☆12エテルナミノル

 超大穴、かつ、阪神牝馬ステークス惨敗組からの巻き返しならエテルナミノル。

 八坂ステークス、愛知杯とL2高速失速戦で勝っているように、スローで長い直線の途中から速くなる瞬発力勝負戦はお手の物です。

 また、高速馬場も17垂水ステークスで2着。未完の大器シルバーステートには敗れましたが、タツゴウゲキ・ハクサンルドルフ・ミエノサクシードに勝っているように、速い時計の決着にも対応できます。

 最大のポイントはゲート。というか、最近はゲートを出れば好走、失敗したら惨敗という競馬が続いているので、うまくスタートを決めた時には怖さがあります。

 ゲートを出る確率は、お世辞にも高いとはいえません。そこそこの人気だったら消しますが、前日オッズで単勝万馬券を超える超人気薄になっています。能力を出し切れば、ここまでの人気になるほどの馬ではないので、穴馬として抑えておきます。

△×の6頭

 アドマイヤリードリスグラシューミスパンテールは、阪神牝馬ステークス好走組。この中で、L2高速失速戦になったときの信頼度は、ミスパンテール>アドマイヤリード>リスグラシューですが、ミスパンテールは内枠で難しい競馬を迫られそう。

 ここでもハナを取って競馬をするようなことがあれば、横山典弘騎手に脱帽ですが、テンの速さ的に先団に取りつくのは難しいでしょう。2走前までのように脚を溜める競馬になりそうですが、今の馬群が密集しやすい府中で、内から捌くのは至難の業です。

 それならば、外から自分の脚を出し切れそうなアドマイヤリード・リスグラシューの方が連対確率は高そうです。この3頭は枠で評価を決めました。

 ラビットランは、久しぶりに適性がピッタリな条件になりました。長い直線だけの勝負に持ち込めれば、仮にスローの後方になったとしても巻き返しのチャンスは十分にあります。これも外ならかなり怖かったのですが・・・。

 デンコウアンジュは、この条件では黙って買っておきます。こちらも、直線でいかにフルに末脚を使えるかがポイントですので、外枠は大きなプラス要素です。

 アエロリットに関しては、ミドルペースで中盤でも緩めすぎずに、直線入口で早くもスパート、という形になれば勝機はあります。しかし、今回はテン乗りで積極的に動くのは難しいのではないでしょうか。また、戸崎騎手自体も、道中はジッとして脚を溜め込んで瞬発力を発揮させるような競馬をすることが多いので、馬と鞍上の適性が合っていないと思います。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする