2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/02/16京都11R京都牝馬ステークス予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年の京都牝馬ステークス過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L2 高速(11.2) 持続(0.3)
18 L2 高速(11.3) 持続(0.3)

(17は稍重、18は良)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続)

想定上がり:L2高速持続

 京都はここにきて馬場が少し回復しているようですが、タフな馬場が続いていたため騎手の意識が後ろがかりになっています。

 例えば、京都記念は12.0-11.9-11.1-12.1と切れ味自慢が少ない中でL2急加速戦となっています。早めに動くとタフな馬場で疲れてしまう状態が2か月弱続いていたので、どうしても仕掛けが遅くなってしまうようです。

 京都牝馬ステークス自体、1400mに距離短縮になってから3年目ですが、コーナーでペースが緩んで直線に入ってからの2ハロン戦が続いています(距離短縮初年度の16年だけ重馬場で消耗戦)。

 昨年は12.4-11.4-12.3-12.2-11.8-11.3-11.6と前半からペースが上がらず、直線に入ってからやっと動き出すレース。しかも、勝ったのは直線入口で前がふさがり立て直したミスパンテール

 長くいい脚を使う必要が全くなく、3~400mだけ速い脚を使えればいいレースです。

 長い直線をトップスピードで走り続ける必要がないことから、外回りのコースですが中山や北海道で良績を残している馬が強いのも特徴的です。

 また、コーナーでもペースが緩いことから、外を回すロスが少ないです。むしろ直線で前が開けた状態で鋭い脚を使えることから、外を回す差し馬が優勢です。

スポンサーリンク




予想【自信度】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯11ワントゥワン
▲14ミスパンテール
★15リナーテ
△18カイザーバル
×12アルーシャ

単勝◎
馬連◎-11,12,14,15,18
3連複1頭軸◎-11,12,14,15,18

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 脚を溜めきれば切れること、直線が短いコースの方が強いこと、外枠など条件が揃っているので狙ってみたい馬がいます。

 近走はなかなか馬券圏内に入れていませんが、末脚自体は使えています。レース内容を見ると前半で追走に脚を使わされると、末脚自体も少し鈍ってしまうようです。

 6走前が最後に馬券圏内に入ったレースですが、34.4-33.6とスローペースで自身は35.5-32.6と終いだけの競馬で好走しています。この時が京都内回りで、それまでのレースからも長くいい脚を使うというより瞬間的に鋭い脚を使えるタイプです。

 ワントゥワンやミスパンテールなど強敵は多いですが、ハマれば十分に通用する能力はあると考えています。2桁人気になるでしょうから、思い切って狙ってみたいです。

その他の馬

 ワントゥワンは勝負どころまで脚を溜めておきたいタイプ。中盤で緩むレースの方がかえって最後の伸びにつながります。阪神カップは内伸び馬場で、コーナーが速かったこともあり4角で外を回した時点でチャンスなしでした。条件替わりで大きく浮上する1頭です。

 ミスパンテールは特にいうことはないでしょう。前走で56キロもこなしていますし、一瞬の切れタイプですので条件もベストです。今年はフルゲートですので、うまく捌けるかが焦点となります。

 リナーテは前走も惜しい競馬でしたが、明らかに坂で止まりました。これまでの戦績からも直線は平坦がいいので、チャンスはあるでしょう。

 カイザーバルは2連勝の内容通り、京都1400がベスト。アルーシャは軽い馬場の方がよさそうですが、底を見せていないだけに消し切れませんでした。

 馬券は、ワントゥワン・ミスパンテール・リナーテ絡みを厚めに買います。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする