2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/06/09阪神11Rマーメイドステークス予想【自信度D】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年のマーメイドステークス予想公開記事はこちら(◎ティーエスクライ)

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L3 高速(11.2) 超失速(1.3)
18 L3 低速(11.5) 持続(0.4)

(17,18ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、1.0~は超失速)

想定上がり:L3高速超失速

 マーメイドステークスは牝馬限定戦にしては珍しい消耗戦レース。毎年オープン馬の出走が少なく、格上挑戦の軽ハンデが揃うため、牝馬限定戦としては強気な動きが目立ちます。

 昨年こそ勝負どころでスピードが上がりきらずに低速戦となっていますが、16,17はL1で大きくスピードが落ちており、それ以前もL1が12秒台になるレースがしばしばみられます。

 前半が速くて止まっているというより、前半は緩いもののL4から11秒台までスピードがあがって最後に失速というレースが多いのもポイントです。

 今年もアドラータランドネくらいしか逃げ馬はいませんが、人気上位のモーヴサファイアダンサールが早めに動きだす馬なので、3,4コーナーをつなぐ短い直線からスピードが上がっていきそうです。

 阪神は開幕週から標準馬場といった感じで、相対的にみればここ1,2か月の府中・京都よりは時計がかなりかかっています。

 決着タイムは2分を切るが58秒には突入しないくらい、L3でスピードがあがって直線の坂で失速するレースを想定します。

スポンサーリンク




予想【自信度D】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯08ウインクルサルーテ
▲02ウスベニノキミ
★13ダンサール

馬連・3連複BOX ◎,2,8,13

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 前走の勝ち方がマーメイドステークスにピッタリはまる馬を本命にしました。

 かなりタフな馬場の中、61.2-60.9の平均ペース。12.0-11.6-12.0-12.8とL1で大きく失速する消耗戦を楽々押し切りました。

 500万・1000万も全体時計がかかる中での勝利なので、もっと雨が降って荒れた馬場になれば自信度を上げられるのですが、標準馬場くらいで収まりそうなので自信度は低めに。

 500万勝ちに関しても、12.1-11.2-11.5-12.9と超失速戦。全馬バタバタになるようなレースに強いので、自分から積極的にペースを引き上げて消耗戦に持ち込みたいところ。

 先行馬でのペースメイクはNo.1の鞍上ですので、騎手込みで期待します。

その他の馬

 前半スローロングスパート失速戦を近走で経験している馬を選んだところ、奇しくも四国新聞杯のワンツースリーが相手になりました。

 四国新聞杯では、ダンサールが先に抜け出し、外からウスベニノキミが並びかけて叩き合いになったところ、ウインクルサルーテが外から出し抜いた形になりました。

 このレースではウスベニノキミが強い競馬をしたと思いますが、今回はフルゲートの激戦ですので、前がごちゃごちゃしたところを一気に差し切る展開に期待してウインクルサルーテを上位に。

 ダンサールは前走圧勝でしたが、12.0-11.5-11.6-11.5と持続戦でのものなので、本質的には消耗戦ではない方がいい気がします。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする