2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2017/12/24中山11R有馬記念予想【自信度S】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

有馬記念の過去レース分析ページはこちら

有馬記念の枠順別全馬評価まとめはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
15 L2 高速 失速
16 L4 低速 持続

昨年はサトノダイヤモンドが早めに動いたこともあり、全体的に前がかりの競馬でした。

基本は向正面からペースが上がり始め、4コーナーの出口から本仕掛けとなる再加速戦。前半は緩くても、短い距離での勝負にはならず、長く脚を使えたうえでL2地点での一瞬の反応が求められます。

今年はキタサンブラックがどのような形でレースを支配するかがポイント。おそらく何かを行かせて、外へすぐ出せるような位置取りをしてくるでしょう。逃げる可能性があるのはトーセンビクトリー・サトノクロニクル・カレンミロティックの3頭でしょうか。

個人的にはトーセンビクトリーが逃げると思っていますが、サトノ軍団としてロングスパート戦に持ち込むならサトノクロニクルの奇襲もあるでしょう。カレンミロティックは基本は前に馬を置きたい馬なので、何かを行かせて2番手が狙いになりそう。

この3頭がどれもモタモタするようだと、キタサンブラックがハナを取りきるパターンも考えられます。

以上4頭のどれが逃げても前半はスローでしょう。キタサンブラックが逃げた場合は、前走ジャパンカップでミドルペースで脚が持たなかったことを踏まえ、勝負どころまではじっとするでしょう。

また、他の3頭が逃げても主導権は実質的にキタサンブラックが握っているので、楽に行かせてもらえるでしょうから、大逃げにならない限りはスロー。

土曜は時計自体はなかなかでしたが、終いが少しかかる競馬が多かったです。

前半でペースを落として、残り1000mからじわっとスピードが上がり、最速地点はL2。

おそらくここでは11.2~3くらいのスピードになって、ラストの坂で12秒に入るか入らないかの失速戦を想定します。

スポンサーリンク




予想【自信度S】

◎01ヤマカツエース
◯02キタサンブラック
▲05トーセンビクトリー
△14スワーヴリチャード
△13ミッキークイーン
注06サトノクロニクル

単勝1 (7.5%)
単勝5 (1.5%)
複勝1 (37.5%)
複勝5 (7.5%)
馬連1-2 (5%)
馬連2-5 (1%)
馬連1-5 (0.5%)
ワイド1-2 (22.5%)
ワイド2-5 (3%)
ワイド1-5 (1%)
3連単1→2→13,14 (1%×2)
3連単1→2→5,6 (0.5%×2)
3連単1→5→2,6,13,14 (0.5%×4)
3連単2→1,14→1,14 (2%×2)
3連単2→1,13→1,13 (1%×2)
3連単2→1,5→1,5 (0.5%×2)
3連単2→1,6→1,6 (0.5%×2)

スポンサーリンク

 

 

◎01ヤマカツエース

最高の枠順を引いたことで本命に抜擢。

昨年4着の有馬記念は中団から3,4コーナーでポジションを少し下げますが、直線では鋭い脚を使い上がり最速をマーク。

今年は下半期で結果が出ていませんが、この馬の一番の武器である短い直線での鋭さを引き出せるようなレースになっていません。

それでもジャパンカップでもゲートをしっかり出ましたし、ポジションを取れる競馬ができるようになっています(前走は8枠で内に潜り込むためにポジションを下げざるを得ませんでした)。

有馬記念は短い直線での瞬発力が必要なレースですし、ゲートの良さが出せる最内枠を引き当てました。

条件が明らかに好転するここで、キタサンブラックに一泡吹かせるための条件がすべて揃いました。強く狙います。

◯02キタサンブラック

評価に悩みましたが、枠もいいところを引きましたしこれ以下の評価はできません。

気になる点は有馬記念で未勝利なこと。有馬記念ではキタサンブラックが一番得意の3ハロンのスパートを打ちづらい舞台。ただし、持ち前の先行力を活かして3着2着。

今年もジャパンカップで得意のL3最速戦に持ち込みながら、シュヴァルグラン・レイデオロに交わされてしまいました。

それを踏まえて今回はペースをなるべく落として、先行の利を活かす競馬をすると思います。

絶対的な条件ではありませんが、他の有力馬と比べ枠がよいこととポジションが前になる可能性が非常に高いため、大崩れするパターンは限られます。

複勝圏内という意味での信頼感は、やはりメンバートップです。

▲05トーセンビクトリー

大穴でこれ。個人的には一番逃げる可能性が高いのではと考えています。

おそらくキタサンブラックは何もいかないなら逃げるよ、と他馬の出方を伺うでしょうから、奇襲を打つ馬に付き合わないでしょう。

そして、枠順と鞍上をふまえると一番ギャンブルを打ちそうなのはトーセンビクトリー・田辺騎手。

キタサンは後ろの有力馬に対する作戦を考えているでしょうから、前の馬は遊ばせてくれるはず。展開的に一発を入れる可能性があります。

馬自体もトップスピードの高さはそれほど高くないものの、小回りを内から器用に動けるタイプ。秋2戦の舞台よりは条件が好転しています。

人気が人気なので、金額は抑えめでも十分なリターンを期待できそうです。

馬券はすごく細かくなってしまいましたが、基本とした考え方は

・ヤマカツエース・トーセンビクトリーのどちらかが3着に入ればプラスになる買い方

・その2頭のどちらかにキタサンブラックが絡めば十分なリターン

という思想のもと、馬券を組みました。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする