2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2018/01/31川崎記念予想【自信度A】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

川崎記念の過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
16 L4 高速 超持続
17 L4 低速 超持続

(16,17ともに良馬場)

(最高速度:11.5~11.9は高速、12.0~12.4は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続)

想定上がり:L4高速超失速

火曜の川崎は終日稍重での開催でしたが、若干だけですが速い時計が出ているかなぁと感じる状態。極端なものではないので標準馬場と思ってよさそうです。

展開ですが、さすがにこのメンバーだとケイティブレイブが逃げることになるでしょう。アウォーディーが2番手で、その後ろにグレンツェントアポロケンタッキーはゲート次第ですが出たら3番手争いに加わっていくでしょう。メイショウスミトモは内を通したいので下げてインに入れ、その外にサウンドトゥルーディアドムスという形が濃厚です。

しばらく逃げていないケイティブレイブですが、ここは無理をせずともハナに行けそうなので、福永騎手ということも踏まえるとスローの逃げになりそう。

鍵になるのはアウォーディーの動き出し。ここ最近はイマイチ冴えない成績が続いていますが、スローで我慢を強いられる競馬が続いているのが原因。この馬が勝った川崎開催のJBCクラシックが11.8-12.5-13.1-13.2という上がり。川崎にしては珍しく、L1での再加速戦になっていません。

これはきついコーナー部分で、かなりのスピードをつけて仕掛けていったため。決め手ではなくロングスパートの持久力勝負で挑みたい馬なので、これくらいの強引な仕掛けが合っています。

その時以来の川崎競馬でのレース。元々L4部分が直線でスピードを上げやすい川崎コースなので、ロングスパート戦を仕掛けるにはもってこいの条件です。

1周目から2周目2コーナーまではゆったりと流れ、2周目向正面から一気にペースが上がり、コーナーでもスピードを落とさないロングスパート戦となり、最後の直線は失速戦の我慢比べという展開を想定します。上がり3要素はL4高速超失速戦になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク




予想【自信度A】

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)
◯04サウンドトゥルー
▲03アウォーディー

単勝◎ (10%)
馬連◎-4 (15%)
馬連◎-3 (10%)
ワイド◎-4 (50%)
3連複◎-3-4 (10%)
3連単◎→3,4→3,4 (2.5%×2)

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ(30~40位にいます)

仕掛けどころが早く、コーナーでスピードが求められる競馬に向く馬を本命に。

3走前はダート2000でL3低速超失速戦でしたが、コーナーはインで進め直線で外に出し爆発。

前走も終始きついコーナーの中インを追走し、短い直線で外に出して前の2頭を差し切り。

コーナーでのスパート戦を内から器用に追走し、直線で外に出すのがこの馬の黄金パターン。今回は枠こそ外側ですが少頭数になったので、遅くとも1周目ホームストレッチまでにはインコースを取りきれそう。

近走以外でも小回りでのL4~L5ロングスパート戦でも好走実績があり、コーナーでの器用さとロングスパート適性だけなら実績上位馬よりも上。

単勝でもそれなりにつくはずで(ちょっとオッズが読みづらいですが)、アタマにも少し期待してみます。

◯04サウンドトゥルー

明け8歳ですが、近走の充実ぶりは見逃せません。

さすがにドスローのチャンピオンズカップではなすすべがありませんでしたが、17下半期はそれ以外は全連対。

しかも大得意のL4最速戦だけでなく、L2最速の瞬発力勝負でも好走できるようになっているなど、ここにきて適性の幅が広がっていると思わせる内容です。

コーナーでそこまで速い脚を使えるわけではないので、そこが物足りなく対抗にしましたが、近2年の川崎記念でも2着に入っていますし、3番人気までの3頭(ケイティブレイブ・サウンドトゥルー・アウォーディーの人気順を想定しています)の中では一番信頼度が上。

▲03アウォーディー

サウンドトゥルー同様明け8歳ですが、こちらは近走イマイチ。

使える脚のタイプとしては、マクリ屋的なロングスパートでガンガン前にプレッシャーをかけたい馬なのですが、先頭に立つと真面目に走らない悪癖があるので、武豊騎手をもってしてもなかなか乗りづらい難儀な馬。

今回は久しぶりの川崎で、しかも前回はホッコータルマエ・コパノリッキー・サウンドトゥルー相手にG1勝ちをあげています。その時のように向正面からペースを上げて、コーナーでもガンガンと前のケイティブレイブにプレッシャーをかけていくレースになるでしょう。

3番手評価にしたのは、ロングスパート戦でケイティブレイブがあてにならないので、早めに単独先頭になってしまいそうで、差しタイプにゴール直前でやられてしまうのではないかという大きな懸念材料があるため。

舞台設定としては、久しぶりに得意条件になったと思います。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする