2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/04/13阪神11Rアーリントンカップ予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年のアーリントンカップ過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

2018年のアーリントンカップ予想公開記事はこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L2 高速(11.3) 超失速(1.0)
18 L2 高速(11.3) 失速(0.7)

(ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

想定上がり:L3高速失速

 昨年から4月開催となり、NHKマイルカップのトライアルレースとなったアーリントンカップ。トリッキーな中山マイルのニュージーランドトロフィーを嫌ってか、今年は18頭立てのフルゲートになりました。

 メンバー的にもクラシックから外れた組が多いとはいえ、なかなか揃った印象です。

 阪神1600は直線入口からスピードが上がるコース。先週の桜花賞のように、4コーナーから早めに動いていく馬がいるとL3最速戦、3~4コーナーで一旦落ち着くとL2最速戦になる傾向があります。

 ただ、どちらにしてもL3~L2の400mが速く、L1で12秒前後まで失速します。近2年のアーリントンカップのラップを以下に示しますが、まさにこのラップのようなイメージです。

 17:12.3-11.0-12.0-11.9-11.9-11.4-11.3-12.3
 18:12.4-10.8-11.3-12.0-12.2-11.4-11.3-12.0

 昨年の過去レース分析では、L2の瞬発力を重要視と書いていますが、どちらかといえば瞬発力は足りなくても出し切った時に上がり3ハロンをまとめられる馬の方が怖いです。

 今年はフルゲートということもあり、展開も少し荒れそうです。オーパキャマラードは逃げないというコメントがありますが、ミッキースピリットロードグラディオジゴロイベリスカテドラルラブミーファインフォッサマグナと1~2列目を狙ってくる馬が多いです。

 比較的中盤で緩みやすい世代限定戦の阪神マイルですが、今年は中盤が緩まない可能性も考えられます。

 阪神は先週からハッキリ高速馬場なので、多少のペースアップでは上がりに影響は出ないと思いますが、L1の落ち込み具合が大きくなる可能性は考えておきたいです。

 基本的には長い直線で出し切ってこその馬を重視、その中では出し切りやすい外枠、桜花賞2着シゲルピンクダイヤのように馬群突破経験がある馬を狙います。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯17ミッキーブリランテ
▲06ニシノカツナリ

馬連・ワイド・3連複BOX ◎,6,17

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 出し切っていい馬なのですが、スローペースしか経験がないのが微妙。ただし、この人気なら強く狙いたいというのが◎馬です。

 デビューから3戦連続で最速上がりを使っていますが、インパクトが大きいのは前走の競馬。37.0-12.3-33.9と超スローで、内を回した先行馬が軒並み残る中、1頭だけコーナーで外を回して強烈な差し込みをみせました。

 12.3-11.4-11.2-11.3という上がりでしたので、前の馬は全く止まっていないのですが、◎馬自身がL1で強烈な伸びを見せました。瞬発力という点では微妙ですが、出し切って良さが出るタイプです。

 瞬発力の無さという弱点が出たのが2走前。11.6-11.8-11.1-11.8と1400にしては珍しいL2の瞬発力勝負でしたが、最速地点であまり伸びを見せられずにジリジリと詰め寄っただけの内容でした。

 このレースの敗因が瞬発力だけではなく、超スローでなかったために脚が溜まらなかったという可能性はありますが、ゲートのミスを挽回するために脚を使ったり最内を回して進路がきれいに空かなかったりということがあったので、巻き返しの余地はあります。

 今回もスタートは後方からになると思いますが、スパート地点まで我慢できれば末脚はメンバー最上位。展開的にもはまりそうで一発を期待します。

◯17ミッキーブリランテ

 これは外を引いたことで競馬がしやすくなりました。

 前走は12.1-11.2-10.9-11.8と、いかにも阪神外回りらしい流れで完勝。シンザン記念以外は最速上がりを使っていて、馬場適性的には高速馬場の方がいいので、シンザン記念より今回の方が条件は向いています。

 不安要素が少なく、連複系の馬券の軸としては最適の1頭だと考えます。

▲06ニシノカツナリ

 逆にニシノカツナリは、不安要素は多いもののハマれば一番怖いです。

 中山→東京→中山と3戦していますが、中山ではコーナーで大外を回す形となり、直線でもエンジンがかかりきらずという内容。

 府中の未勝利戦は、47.5-47.1のミドルペースで、12.3-11.7-11.6-11.5と珍しい形のL1最速戦でしたが、L1手前でようやくエンジンがかかった感じでした。それでも2馬身差の快勝と、フルスロットルに入れれば末脚の破壊力は十分にあります。

 中山内回り→阪神外回りの条件替わりは、この馬にとっては絶好。あとは内枠からどういった競馬をするかで、捌きにいこうとせずに外を回して勢いをつけられれば不気味です。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする