2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/03/16中京11Rファルコンステークス予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年のファルコンステークス過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

2018年のファルコンステークス予想公開記事はこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L2 高速(11.4) 持続(0.4)
18 L4 低速(11.7) 持続(0.3)

(17,18ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続)

想定上がり:L2高速持続

 雨が降って馬場が重くなりやすいファルコンステークス。今年は朝の時点で稍重ですが、想定された天気予報ほど天候が悪くなることはなさそう。このまま順調にいけば乾いて良馬場になる可能性があります。

 スタートから上って下ってまた上るタフな中京1400なので、パワーのいる馬場になると消耗戦になりやすいです。一方で、馬場が軽い場合は(ハイペースのバテ差しになることもありますが)、下りの部分で無理をしないレースとなることも多いです。

 あまりペースが上がらない場合は、直線まで仕掛けを待つのである程度の瞬発力が必要となってきます。昨年は良馬場でも11秒台後半の持続戦でしたが、17年の11.8-12.1-11.4-11.8のようにそれなりのトップスピードを問われます。

 今年がどの展開になるかがカギとなりますが、微妙に雨が残る馬場で前半からとばすと止まりそうな雰囲気があること、最近の中京は仕掛けが極端に遅くなることを考慮すると、コーナーで緩んでL2最速戦になる可能性が高いと読みます。

 1400のレースで1200からの参戦組も多いことから極端なスローにはならないでしょうが、17年のような直線での加速力が必要なレースになるとして、1200~ミドルペース以上の1600でL2最速戦をこなしている馬を狙います。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯10ヴァッシュモン
▲11ドゴール
★03スタークォーツ
△15ハッピーアワー
△12ブリングイットオン

単勝◎
3連複1頭軸◎-3,10,11,12,15

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 能力的にも上位で適性もあり、しかも内枠と申し分ない条件がそろった馬を素直に狙います。

 前走は12.1-11.0-11.8-12.2と後方の馬が出し切りやすい馬で、2列目の外から早めに仕掛けていったので惨敗もやむなしといったところ。今回のメンバーとはレベルも桁違いです。

 デビューから一貫して1400を使い続けていましたが、前半34.0から12.1-11.8-11.6-12.1とL2最速戦で軽々押し切った新馬戦、前半37.4のドスローで12.2-11.7-10.7-11.4と瞬発力と高いトップスピードを求められた2走前と幅広い展開に対応しています。

 勝った2戦の中では、ドスローの2走前はラストで苦しくなっていたので、本質的には新馬戦のようにある程度流れた中でL2再加速、というのがベストの条件でしょう。

 今回は展開的にドンピシャで、圧倒的に有利な内枠に入ったことからも信頼度は高いです。脚質的にもなんでもできる馬ですが、できれば3列目までにはポジショニングしてほしいところ。前が壁になることだけが怖いです・・・。

その他の馬

 ヴァッシュモンは中緩みの府中1400、ハイペースの中山1600で連勝しており、総合力の高さから信頼が置けそうです。以下の馬もそうですが、基本的には外枠が不利な中京コースですので、早めに抜け出せるポジションが欲しいです(中団以降だと4コーナーで外に大きく振られる可能性が上がってしまいます)。

 ドゴールも総合力タイプで、トップスピードの高さも持続力もそこそこあります。左回りで崩れていないのもいいですが、こちらもヴァッシュモンと同じように外枠の怖さがあります。

 ハッピーアワーも決め手は上位ですが、大外というのはハッキリ不利ですね。1200のL2最速戦で2勝しているブリングイットオンも穴っぽいですが、やはり外枠の不利は気になります。

 特注馬は内枠で先行できるスタークォーツ。ペースを落とした府中1400で、L2最速戦に持ち込みホウオウカトリーヌの追撃を封じており、単騎で楽に行けるようだと残れる余地があります。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする