2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/06/01阪神11R鳴尾記念予想【自信度C】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年の鳴尾記念過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

2018年の鳴尾記念予想公開記事はこちら(◎ストレンジクォーク)

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L2 高速(11.0) 失速(0.6)
18 L2 低速(11.6) 持続(0.4)

(17,18ともに良馬場)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速)

想定上がり:L2高速失速

 昨年はマルターズアポジー・武豊騎手が、3ハロン目からL2まで11秒台後半(12.0含む)を7ハロン連続で刻む、美しい持続力ラップを刻みました。

 ただし、昨年のラップは鳴尾記念の標準的なラップからは外れる流れ。夏競馬開幕で少頭数になることから、ペースは落ちやすいレースとなっています。流れても前半1000mの方が0.5くらい遅いペース(59.5-59.0のような流れ)となり、逃げ馬がスローに落とす意識が強いと1分を超える前半になることもしばしば。

 今年はブラックスピネルが積極的に主張する可能性が高いです。タニノフランケル・武豊騎手が逃げる可能性もありますが、新潟大賞典の感じからもハナを取りに行く動きをするでしょう。

 ブラックスピネル・三浦皇成騎手のコンビは、スローで4コーナーを回ってからスパートをかけるレースを続けているので、動き出しは遅くなるでしょう。タニノフランケルも、武豊騎手とのコンビで勝った大原ステークスが、61.9-59.2の超スロー。

 隊列が決まったら淡々と流れる可能性が高そうです。

 開幕週のレースで、騎手が様子見となりやすいのもスローに拍車をかけます。17年のような61.6-57.8の超スローで、11.7-11.5-11.0-11.6という軽めの瞬発力勝負になる可能性が高そうです。

 開幕週・スローですから、先行馬・内を突ける馬が圧倒的に有利です。ここにこだわった予想をします。

スポンサーリンク




予想【自信度C】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯03ギベオン
▲04タニノフランケル
★07メールドグラース

馬連◎-3,4,7
3連複1頭軸◎-3,4,7

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 全体的に瞬発力に欠けるメンバー。強調して買いたい馬が少ない中で、展開利とスローペースに強いという2点から本命を選びました。

 前走は、60.8-57.8と前後半3秒差の超スロー。11.9-11.1-11.1-11.5と後半が断続的に速いラップの中、ギリギリまで踏ん張りました。

 トップスピード持続力が高いわけではなく、スローから瞬発力で後続を出し抜き、最後は失速しながらも直線入口でのリードを活かして押し切るタイプです。

 3走前は典型的な勝ちパターン。60.9-58.4とこちらも超スローですが、12.0-11.3-11.0-11.8L2高速失速戦に持ち込んでの勝利。

 他のレースでも仕掛けが遅めのレースでの好走が目立つので、今回もギリギリまで溜められるレースになればチャンスはあります。他に瞬発力勝負への適性が高い馬がいないので、軸として狙ってみたいです。

その他の馬

 タニノフランケルは、西部スポニチ賞の勝ち方がベストケース。48.0-11.5-45.9とバランスはスローですが、(11.5-)11.6-11.2-11.2-11.9とロングスパートでトップスピード持続力を発揮できれば怖い存在。武豊騎手が乗るので、ラップを上手く作ってきそうなのも不気味。今回は動きが遅くなりそうな予感がするので2番手で。

 ギベオンは、常日頃からマイラーだと主張していますが、高速馬場向きですし、スローの内で溜めてという競馬になりそうでこの鞍上はよさそうです。他に買いたい馬も少ないので。

 メールドグラースも出し切ってタイプだと思いますが、この少頭数だと届いてしまう可能性があるので押さえておきます。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする