2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/04/06中山11Rニュージーランドトロフィー予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年のニュージーランドトロフィー過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

2018年のニュージーランドトロフィー予想公開記事はこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L1 低速(11.6) 超持続(0)
18 L1 高速(11.4) 超持続(0)

(17は稍重、18は良)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続)

想定上がり:L1低速超持続

 2年連続でL1最速戦となっている、世にも奇妙な重賞です。

 競走馬はスパートをかけた瞬間にトップスピードに乗れるわけではないので、コーナーから促していって直線入口くらいで最高速に引き上げるのが普通ですが、ニュージーランドトロフィーは仕掛けが極端に遅く、結果的にゴール前に急坂があるにもかかわらずL1最速戦となっています。

 中山マイルは道中がずっと下りなので、道中のペースが上がりやすくダラダラと11秒台後半が続くレースが多くなります。

 その中で、ニュージーランドトロフィーは中盤で緩むことがあります。12秒前半くらいで追走が続くのですが、下り~平坦区間なのでラップ以上に追走に余裕がある分だけ、最後まで脚が余ってしまうのでしょう。

 速くなる区間が短いので、出し切っての持久力は必要ないのですが、スピードの切り替え区間が全くない(加速度が高い区間がない)ので、瞬発力があっても宝の持ち腐れとなります。

 近年は、L1最速戦もしくはL2=L1となる超持続戦の好走馬が経験を活かして好走するケースが多いので、素直に想定上がりと同様の流れを経験している馬を評価します。

 また、最高速度はあまり必要ではないので、11秒台前半が3ハロン続くスローの流れで好走している馬ではなく、低速戦での好走を重視します。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯01ワイドファラオ
▲06ジョーヒデキラ
★04ヴィッテルスバッハ
△11アガラス
×09アンクルテイオウ
×12ミッキーブラック
×13カルリーノ
×15コスモカレンドゥラ

馬連BOX◎,1,4,6
ワイドBOX◎,1,6
3連複◎,1-◎,1,4,6,11-◎,1,4,6,9,11,12,13,15

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 素直に超持続戦で2勝をあげている馬を本命に。

 前走は外目を先行し、12.1-11.3-11.0-11.9という上がりのL3~L2部分で置いていかれましたが、L1では盛り返していました。

 2勝の内容が新馬の12.3-11.6-11.7-11.6、500万の12.2-12.2-11.5-11.5と最速地点とL1が同じラップタイムの超持続戦。いかにも瞬発力は足りないものの、11秒台半ばなら長く脚を使えそうなタイプです。

 この枠番は無条件で有利というわけではないですが、しっかりと先行する競馬になるならばいい枠です。前が壁にならずに脚を使い続けられれば相当有力です。

◯01ワイドファラオ

 こちらは未勝利勝ち直後ですが、3戦連続で持続戦のレースを連対。

 前走は初めて控える形でしたが、内から長く脚を使っての快勝でした。新馬・未勝利で負けたのもパッシングスルー・マイネルウィルトスですし、このメンバーなら格負けもないでしょう。

 せっかく最内を引いたので、強気な競馬を期待したいです。

その他の馬

 ショーヒデキラは、前走超高速馬場とはいえ好時計。ハイペースを踏ん張っての勝利で、(今回はスロー濃厚ですが)展開が乱れた時には一発が狙えます。

 アガラスに関しては、前走の負け方が気に入らないですが、結局東スポ杯は東京にしては珍しい一貫ペースでしたし、ペースが緩むとダメなのでしょう。マイルの方が気性的にはよさそうですが、適性は1800~2000の小回りだと思います。

 ヴィッテルスバッハは、前走キレキレでしたが、中山マイルでもL1最速戦で勝っています。こちらはジョーヒデキラとは逆に、スローになった時には怖い1頭です。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする