2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/01/06京都11Rシンザン記念予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年のシンザン記念過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

2018年のシンザン記念予想公開記事はこちら

スポンサーリンク




過去10年の上がりラップ傾向

 

年  最速地点  最高速度  失速度合 
09 L2 低速(11.5) 持続(0.3)
10 L2 高速(11.4) 超持続(0)
11 L3 高速(11.2) 失速(0.8)
12 L4 低速(11.6) 持続(0.3)
13 L2 低速(11.5) 失速(0.8)
14 L2 高速(11.0) 失速(0.8)
15 L3 低速(11.5) 超持続(0.2)
16 L2 低速(11.7) 持続(0.3)
17 L4 超低速(12.4) 超持続(0.2)
18 L1 低速(11.5) 超持続(0)

(17は重、18は稍重)

(最高速度:11.0~11.4は高速、11.5~11.9は低速、12.0~は超低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0~0.2は超持続、0.3~0.5は持続、0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

過去の予想結果

本命馬 結果
17 メイショウソウビ 9番人気9着
18 カフジバンガード 3番人気5着

17:12.1-11.0-11.4-12.6-12.4-12.8-12.7-12.6 (47.1-50.5=1:37.6)
18:12.2-11.1-12.4-13.3-12.8-12.1-11.7-11.5 (49.0-48.1=1:37.1)

 近2年は馬場が重かったこともあり参考にはしづらいです。ただし、パターンとして覚えておきたいのは4ハロン目の上り坂、5ハロン目(L4)の下り坂はゆったりと進むこと。

 淀の坂はゆっくり上ってゆっくり下るというのがセオリーと言われていますが、その通りの傾向があります。特に上り坂ではペースが落ち着くので、L4の下りでどれだけペースが上がるかで上がりラップの傾向が変わってきます。

 今年は逃げ馬不在の構成となりました。前走は競馬に参加できなかったニホンピロヘンソンがハナを主張する気がしますが、逃げ切ったモミジステークスは超スローだったので、ここでも無理にペースを引き上げる選択肢はなさそうです。

 L4の下り坂がゆっくりとした流れになると、仕掛けどころは遅くなります。L2高速戦になる可能性が高く、最後までスピードが落ちない持続戦を想定します。

 今年は3年ぶりに良馬場での競走になりそうですが、京都金杯が47.5-47.4=1:34.9とかなり時計がかかりました。3歳になりたての馬達のレースですから、前半が48秒後半くらいのスローになっても上がりで33秒台が出ないかもしれません。軽い馬場での好走歴よりは、少し時計がかかる馬場で勝ち上がってきた馬を狙う方が無難だと思います。

スポンサーリンク

 

予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯10ミッキーブリランテ
▲03ハッピーアワー

単勝◎
馬連◎-3,10
3連複◎-3-10

[最強]競馬ブログランキングへ

 デビュー戦の内容がラップ・映像ともに良かった馬を本命にしました。

 新馬戦は、少し時計がかかる馬場で48.6-47.8とややスローのバランス。12.7-12.3-11.6-11.2と仕掛けの遅いレースとなりましたが、道中で内外からもまれながらもポジションをキープし、直線抜け出してからはゴールまで加速し続けて楽勝となりました。

 超スローではない中でL1最速戦で楽勝したようにラップ面でも評価できますし(仕掛けはだいぶ遅いですが)、反応の良さ・レースでの折り合いのつき方などのラップには表れない部分での能力も評価できます。

 時計がかかる馬場で好走したのも大きく、キャリアの浅さを十分にカバーできる力の持ち主と判断して中心視しました。

その他の馬

 ミッキーブリランテのデビュー戦はL1最速戦。並びかけてから交わし切れなかったのは不満も残りますが、勝った馬は前で競馬をしていた馬なので、通したコースも考慮に入れれば十分な内容。2戦目もスローでしたが長く脚を使って楽勝でした。こちらは出し切りやすい外枠が良いと思います。

 ハッピーアワーは、超スローで前残りとなったデイリー杯2歳ステークスで最後方から良く伸びました。すずらん賞からも時計がかかる馬場がいいのは間違いなく、常にメンバー上位の上がりを使えるのは魅力的です。

 東京で好内容のアントリューズパッシングスルーも好素質馬ですが、高速馬場の東京でしか実績がないので、ここでは様子見です。

最強競馬ブログランキングに参加しています!