2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/09/15阪神11R ローズステークス予想【自信度A】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年のローズステークス過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

2018年のローズステークス予想公開記事はこちら(◎ウラヌスチャーム)

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L2 高速(11.3) 失速(0.7)
18 L2 超高速(10.8) 超失速(1.0)

(17,18ともに良馬場)

(最高速度:~10.9は超高速、11.0~11.4は高速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.6~0.9は失速、1.0~は超失速)

想定上がり:L2超高速失速

 阪神の馬場は超高速状態が続いており、外回りの長い直線をフルに活かせるローズステークスも、当然トップスピード勝負になると考えられます。

 今年は少頭数、かつ逃げ馬不在のレースになるので、前半からペースが落ち着き、じっくりと直線まで待ってのスパートになるでしょう。

 阪神の場合は、L1地点に坂があるので最後は失速しやすくなりますので、最速地点で10秒台にタイプできるトップスピードの高さ・スローから超高速上がりに切り替えるギアチェンジの良さ、ゴール前の失速地点に対応できる失速戦の経験、この3つの要素を重視した予想をします。

スポンサーリンク




予想【自信度A】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯08ウィクトーリア
▲04ダノンファンタジー
★01メイショウショウブ
△06シャドウディーヴァ
△11ビーチサンバ
△12スイープセレリタス

馬連・ワイド◎-8
3連複◎-1-8
3連単◎→1,4,8→1,4,6,8,11,12

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 U字コースのスローペースならば、◎馬のトップスピード・瞬発力が一枚上。

 オークスでは、レース中のアクシデントもあり競馬になりませんでしたが、チューリップ賞・桜花賞はともに好レースでした。

 チューリップ賞は47.8-46.3のスローでL2高速失速戦。仕掛けどころが直線に入ってからだったので、一番の伸び脚を見せましたが前には届ききらず。

 桜花賞は47.7-45.0とさらにスローペースで、後方からでは厳しい競馬でしたが、圧倒的な競馬をみせたグランアレグリア以外には先着。うまく捌いたとはいえ、上がり32.7と良質なトップスピードを如何なく発揮できました。

 前半で余裕があればあるほど末脚に磨きがかかる点、高速馬場だった桜花賞のレース内容からも高速馬場でさらに良さが出る点など、今回は◎馬にとっては絶好の展開になりそうです。

 春は直線でモタれるところがあったので、この辺が改善されていれば完勝もありえるメンバー構成だと考えています。

その他の馬

 ウィクトーリアは2歳夏デビューですが、3歳になってからレースぶりが良化。フローラステークスが60.6-58.9のスローでL2高速持続戦でしたが、一番スピードが上がるL2地点で前が捌き切れずに外に出すのを待つ形になりながらも、L1でよく伸びて内を突いたシャドウディーヴァをなんとか差し切りました。トップスピードに特化すれば伸びは世代上位級なので、スロー濃厚なここはチャンスです。

 メイショウショウブは、一瞬の切れ味が持ち味。デイリー杯2歳ステークスではL2超高速失速戦でアドマイヤマーズに迫りましたし、前走のクイーンステークスも直線の入口での反応は良かったです。スローでギリギリまで溜める逃げに持ち込めれば面白い存在です。

 ダノンファンタジーは、前受けできて総合力が高いタイプなので大崩れはなさそう。ただし、どこかに特化しているわけではないので、あまりスローになって特化戦になってしまうと少し物足りないところはあります。超高速馬場よりも標準馬場の方がいいのもマイナスポイント。

 シャドウディーヴァは、ウィクトーリア比較だと少し劣りますがトップスピードはあるタイプ。ただ、春は内を突く器用な競馬で着順を上げていた節もあるので、器用さがいらない阪神外回りは微妙。本番では面白い存在だと考えていますが・・・。

 ビーチサンバは、トップスピードはあるもののL1で甘くなるタイプ。超高速馬場もいいのでヒモ穴としては買いたいですが、世代のモノサシ馬のようなところもあるので強くは買えません。

 スイープセレリタスは、2連勝の内容自体はいいものの、最高速度が少し足りないですね。全体が流れて良さを出しているので、現状はマイル以下の方が良さそうです。ハーツクライ×スイープトウショウの成長力は不気味ですが。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする