2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2019/04/20福島11R福島牝馬ステークス予想【自信度B】

最強競馬ブログランキングに参加しています!

2018年の福島牝馬ステークス過去レース・上がりラップ分析ページはこちら

2018年の福島牝馬ステークス予想公開記事はこちら

過去レース分析・コースの特徴

最速地点 最高速度 失速度合
17 L4 低速(11.8) 持続(0.4)
18 L4 低速(11.7) 持続(0.5)

(17,18ともに良馬場)

(最高速度:11.5~11.9は低速)

(失速度合:最速地点とL1の差が0.3~0.5は持続)

想定上がり:L4低速持続

 福島は基本的には平坦ですが、ゴール板を過ぎてから1コーナーまでが下り坂。2コーナーですぐに上りを迎えて、あとはゴール前に若干の上りがあるもののフラットなコースとなっています。

 序盤のアップダウンが大きいというのが、他のコースにはあまりない特徴です。直線が短いことから前半の主導権争いが激しくなりがちですが、その序盤が消耗しやすいコースなので終いに切れが発揮しづらくなります。

 福島牝馬ステークスも、牝馬限定戦にしては珍しいL4最速戦が続いています。5年前はL2最速戦ですが、直線だけの競馬ではなく3コーナーから速くなる形になっています。

 (3年前のような直線だけの競馬は例外です)

 今年は10頭立てと少頭数ですが、カワキタエンカランドネがいます。絶対逃げたいのはカワキタエンカでしょうが、前走で内に閉じ込められたランドネも無抵抗というわけにはいかないでしょう。

 福島の馬場は展開で大きく時計の出方が変わるのですが、特に速くも遅くもないという感じです。カワキタエンカが逃げれば、遅くても1分を切るくらいのペースになる気がします。

 瞬発力やトップスピードが必要とならないので、スローの牝馬限定戦で活躍している馬は危険です。平均ペースからの持久戦での好走経験があればベストで、スローで切れ負けしている馬の巻き返しを狙いましょう。

スポンサーリンク




予想【自信度B】

[最強]競馬ブログランキングへ
◯05デンコウアンジュ
▲02カレンシリエージョ
★01ビスカリア
△06フローレスマジック
△04カワキタエンカ
△09ミッシングリンク

馬連◎-1,2,5(1は抑え)
3連複◎-1,2,5-1,2,4,5,6,9(5絡みは厚め)
3連単◎→2,5→1,2,4,5,6,9
3連単◎→1,2,4,5,6,9→2,5

スポンサーリンク

 

 

[最強]競馬ブログランキングへ

 意外とこの条件に合いそうな馬が少ない中、絶好の条件となる馬がいます。

 重賞好走経験がある馬ですが、条件はともに長い直線のマイル戦。ただし、切れを活かしたレースではなく、しぶとさが光るレースとなっています。

 特にG1での2着は、46.9-47.6とやや速い流れで11.8-11.7-11.512.6と消耗戦の様相。勝った馬は強かったですが、3着~6着が中団以降からレースを進めた馬。先行して2着を確保した内容は立派です。

 長い直線のコースだと、上記のような消耗戦にならないと厳しいタイプですが、小回りならば持続戦でも好走できます。3走前が中山1800で、49.7-11.0-47.8と真ん中の1ハロンが極端に速かったロングスパート戦。上がりは12.1-12.2-11.6-11.9と最高速度が問われない持続戦でした。

 牝馬ですが瞬発力・トップスピードが問われないレースでこその馬なので、福島牝馬ステークスはピッタリです。

 2年前は最内を追走した結果、前がガッツリ詰まってレースになりませんでした。以下にもないタイプなのでもう少し穴人気すると思っていたのですが、2年前の凡走が人気を落としているのでしょう。

 前走もゴール直前でフローレスマジックに寄られていたので、まともならもっと際どいレースでした。

 斤量は増えますが、この条件で強く狙ってみたい1頭です。

◯05デンコウアンジュ

 デンコウアンジュに関しては、中山牝馬ステークスでも対抗評価としました。

 この時にデンコウアンジュのことは書いたので、詳しくはそちらをご参照いただければと思います。

 小回りならば最後まで脚がもつ馬で、少頭数でコースロスが最小限に抑えられそうなのが今回のプラス要素です。

▲02カレンシリエージョ

 カレンシリエージョに関しては、全3勝がローカル小回りコースの1800というわかりやすい評価ポイントがあります。

 前走は12.2-12.1-12.5-12.6と超低速の消耗戦でしたが、500万勝ちのレースのように11.5-11.5-11.6-11.9と中間速での持続戦も大丈夫。

 カレンシリエージョの場合は瞬発力勝負に極端に弱いので、カワキタエンカがもしスローに落としたとなると一銭もいらなくなってしまいます。

 そのため軸にはできませんでしたが、適性的にはかなり推したい1頭です。

その他の馬

 ビスカリアミッシングリンクのダート重賞馬2頭ですが、どちらも芝が全くダメなタイプではありません。前が速くなればビスカリア、平均くらいになってすんなり2番手の外が取れればミッシングリンクにチャンスが出てきます。

 フローレスマジックは、どちらかと言えば瞬発力を活かしたい馬です。ただ、前走は強気の競馬で見せ場を作ったように全くの消しとはできませんでした。どちらかと言えば買いたくない1頭です。

 カワキタエンカは、昨年の2着馬。近走のパフォーマンスの低さが気になりますが、単騎でゆったりと行ければ残り目も。適性としては一瞬の脚を使いたいタイプではあります。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする