2歳戦の振り返りはこちらの兄弟ブログへどうぞ!

2017有馬記念出走馬分析~ブレスジャーニー~

最強競馬ブログランキングに参加しています!

有馬記念の過去レース分析ページはこちら

有馬記念の個別出走馬分析ページは以下

キタサンブラック

サトノクラウン

シュヴァルグラン

スワーヴリチャード

サトノクロニクル

火曜日は有馬記念に出走予定の3歳馬をレビューしてきましたが、トリを飾るのはブレスジャーニーです。

2歳時に重賞を連勝しクラシック候補として将来を嘱望されていましたが、脚部不安で長期休養に。結局菊花賞にぶっつけで挑まざるをえなくなってしまいました。

それでも、前走のチャレンジカップでは立て直して3着と好走。素質の片鱗をみせた格好です。長期休養明けを2度叩き、この大舞台で2歳時の輝きを取り戻すことができるでしょうか!?

それでは、ブレスジャーニーの近4走ラップ、有馬記念にむけてのポイントです。

スポンサーリンク




近4走ラップ

年月日 レース名 コース 距離 人気 着順 最速
地点
最高
速度
失速
度合
17/12/02 チャレンジカップ 阪神 2000 2 3 L3 高速 失速
17/10/22 菊花賞 京都 3000 12 12 L2 超低速 超失速
16/11/19 東スポ杯2歳S 東京 1800 2 1 L2 高速 失速
16/10/08 サウジアラビアロイヤルカップ 東京 1600 3 1 L2 高速 持続

(菊花賞は不良、東スポ杯2歳Sは稍重)

チャレンジカップではスタートはほぼ五分に出ましたが、無理せず中団のインを確保。前が早めに動き出しましたが、じっくりと構え残り600から仕掛けます。先に仕掛けていったデニムアンドルビーを行かせて、その後ろから直線に臨みます。L2地点では鋭く伸び、前を行くサトノクロニクルとデニムアンドルビーを射程に捉えますが、ラストで脚が一緒になってしまい3着になだれ込んだ格好になりました。

2コーナーまではスローでしたが、ここから11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1と6ハロンの超ロングスパート戦になりました。ブレスジャーニーやモンドインテロはL6地点の仕掛けには付き合いませんでしたが、それでも息の入らないペースでした。本仕掛けのL3地点では少し待つ形になりましたが、L2地点では鋭く伸びました。2歳時から示してしましたが、L2地点での瞬発力の高さは世代屈指です。

しかし、L1地点では伸びあぐねました。これはロングスパート戦で早めに脚をジワジワ使わされたせいでしょう。持続力には不安が残ります。

菊花賞は長期休養明け初戦で泥んこ馬場になってしまったので、無理せずに後ろからついて回ってきただけの内容でした。さすがにいきなり無理はできなかったでしょうし、仕方ないと思います。

それ以前は2歳戦なので、あまり強く意識しすぎない方がいいですが振り返っておきます。

東スポ杯2歳Sもスタートは五分でしたが、無理に追走せずに後方のインで構えます。直線の入り口で、先に動いていったムーヴザワールドとスワーヴリチャードに外をふさがれ、仕掛けを一旦待って外に持ち出します。残り400から本仕掛けに入りましたが、ここでの切れが抜群で一気に前との差を詰め、L1でも脚が止まったスワーヴリチャードに対し最後まで伸びて重賞連勝を果たしました。

60.6の前半ですがかなり縦長だったので、この馬自体は62秒くらいの追走。12.6-12.0-11.2-11.9とL2地点で一気に加速する形になりましたが、ここでかなり鋭い脚を使っています。少なくともこの時点ではトップスピード特化型で、この面ではスワーヴリチャードより優れたものを見せています。

サウジアラビアロイヤルカップも東スポ杯2歳Sと同じような競馬。47.7-46.8のややスローを中団より後方のインで構え、直線では大外に。12.4-11.7-11.1-11.6とやはりL2地点での切れを問われるレースでしたが、ここでかなり鋭い脚を使っています。直線だけの勝負ならば脚も最後まで鈍らずに使えていますし、長い直線での切れ味に特化した内容です。

スポンサーリンク

 

有馬記念予想にむけたポイント

現状評価:△~消し

長期休養明け後はチャレンジカップしかまともに走っていないので、2歳時からどこまで成長しているか測りかねるところはあります。

しかし、チャレンジカップでも最後止まってしまったようにロングスパート戦よりは2歳重賞を連勝したL2最速の直線だけにフォーカスを絞った競馬の方が現状ではよさそうです。

スタート自体は五分には出れますが、切れを活かしたい馬だけに前半から出していけないのも有馬記念に関してはマイナスです。

今年はペースメイカーがおらず、キタサンブラックがレースを支配するでしょうから、前半はスローでもギリギリまで引き付ける競馬にはならない可能性が高く、瞬発力を最大限活かしたいブレスジャーニーにとっては厳しい条件となりそうです。

万が一ドスローで仕掛けも遅くなったときは、末脚の爆発力で勝負できるかもしれませんが、かなりのレアケースだと思うので、そこまで想定して馬券を買うわけにもいかないです。基本線は消しで。

最強競馬ブログランキングに参加しています!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする